新幹線vs飛行機 十番勝負

番外・最終グルメ対決】駅弁10選 vs 空港メシ10選

駅弁歴30年以上の“駅弁女王”こと小林しのぶさんと『最高の空港の歩き方』(ポプラ社)の著者の齋藤成人さんにお薦めを選んでもらった。

 目的地の食事だけでなく通過点の“寄り道メシ”を味わうのも旅の醍醐味だ。

 常に3500種以上あるといわれる駅弁は、新陳代謝が激しく年間200種は入れ替わる。それだけ競争が激しい。冷めてもおいしいので土産にしたり、弁当の中身のみならず容器にも凝ったりと、“持ち帰り前提の商品開発”がトレンドになっている。

 今年10月には、仏パリのリヨン駅でJR東日本と駅弁5社が「ひっぱりだこ飯(新神戸駅)」や「菜食弁当(東京駅)」など7種類を販売する予定で、ついに駅弁が世界進出を果たす。

 駅弁に比べると新参者だが、空港メシも負けていない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年10/6号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-10-01

この連載について

初回を読む
新幹線vs飛行機 十番勝負

週刊ダイヤモンド

陸の王者・新幹線と空の王者・飛行機。東海道新幹線が開業して以降、両者は切磋琢磨しながらしのぎを削ってきた。利用者のライフスタイルの変化や技術革新により、かつては時間や運賃が中心だった「乗り物選びの基準」は多様化した。最近では、セキュリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード