新幹線vs飛行機 十番勝負

希少部品を入手できちゃう! JR東海「退役新幹線」の骨拾い

日本での使命を終えた鉄道が、新興国へ地を移して走り続ける──。浪漫をかき立てられる話だが、日本独自規格の新幹線車両が海を渡ることはない。博物館展示などの例外はあるが、原則は廃車処分となる。

 長距離・高速運転で酷使されている割には、新幹線の寿命は20年と長い。ただし、電車の税法上の耐用年数が13年であることから、実際には13~15年で引退する。現在、カモノハシの愛称で親しまれるJR東海「N700系」の完全引退が2020年に迫っている。高速化の一時代を築いた立役者の引退を惜しむ鉄道ファンは少なくなかろう。

 そんなファンの意を酌んだのか、JR東海が粋な計らいをしている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新幹線vs飛行機 十番勝負

週刊ダイヤモンド

陸の王者・新幹線と空の王者・飛行機。東海道新幹線が開業して以降、両者は切磋琢磨しながらしのぎを削ってきた。利用者のライフスタイルの変化や技術革新により、かつては時間や運賃が中心だった「乗り物選びの基準」は多様化した。最近では、セキュリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード