新幹線vs飛行機 十番勝負

宿敵JAL/ANAが連携 地域航空の統合問題が勃発

「合併や統合も含めた抜本的な経営見直しを模索するべきだ」。3月に国がまとめた「持続可能な地域航空の在り方」が波紋を広げている。

 地域航空とは、主に30~70席の小型機で離島など地方路線を運航する会社。表の通り、北から南まで5社が対象だ。それぞれJALかANAと資本・業務連携がある。つまり、「系列の壁」を越えて統合や合併を行う必要があるとのお触れだ。

 これらの路線は地域住民の都市部への通院や買い物など生活に密着した公共交通の役割が非常に強く、路線の維持が極めて重要だ。しかし人口減少により搭乗率は低く、収入は頭打ちに。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年10/6号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-10-01

この連載について

初回を読む
新幹線vs飛行機 十番勝負

週刊ダイヤモンド

陸の王者・新幹線と空の王者・飛行機。東海道新幹線が開業して以降、両者は切磋琢磨しながらしのぎを削ってきた。利用者のライフスタイルの変化や技術革新により、かつては時間や運賃が中心だった「乗り物選びの基準」は多様化した。最近では、セキュリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード