新幹線vs飛行機 十番勝負

経営力対決】収益性が低い飛行機 借金が多い新幹線 航空会社の「系列化」と新幹線の「序列」

安全運行・運航は、安定した経営基盤があってこそ。組織で働く「人」も重要だ。この10年で鉄道と航空、両業界の勢力図は変容を遂げた。各社の経営の裏側を追った。

 わが世の春を謳歌している新幹線や飛行機。日本人のビジネス・観光需要の拡大に加えて、訪日外国人数が2869万人へ激増していることから、大方の新幹線運行会社、航空会社の業績は絶好調である。

 新幹線の運行はJR5社(新幹線チーム。下図)が担っているが、鉄道収入全体に占める新幹線収入の構成比が高い「本州3社」の収益は多い。それぐらい新幹線事業がドル箱ということだ。


拡大する

 特に、“キングオブ新幹線”の異名を取る東海道新幹線を抱えるJR東海の当期純利益は約4000億円とずぬけている。1日に47万人もの乗客を輸送する効率の良さは、どの運輸事業者にもまねできない。新幹線一本に集中した経営方針により、最終利益は7年連続で過去最高を更新している。

 旧国鉄時代からの歴史的経緯と財務基盤の強弱によって、新幹線チームには明白な序列が付けられている。その上位に君臨するのが、新幹線で稼ぐJR東海と多角化が進むJR東日本だ。

 しかし、盤石に見える両雄も将来の財務リスクを抱えている。JR東海のリスクは、総工費9兆円のリニア建設による財務悪化だ。

 JR東海は、新幹線で稼ぎまくって、民営化時に5兆1000億円だった有利子負債を2016年3月期に、2兆円を切るレベルまで減らした。やっと財務基盤が安定するというタイミングで、リニアの自前建設を決断。財政投融資を活用して3兆円を借り入れたことから、18年3月期の有利子負債は4兆9000億円まで膨れ上がった。

 外国人投資家からすると、「リニアに巨額投資する経営判断を理解できず、“クレイジー”だと捉えている」(アナリスト)という。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年10/6号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-10-01

この連載について

初回を読む
新幹線vs飛行機 十番勝負

週刊ダイヤモンド

陸の王者・新幹線と空の王者・飛行機。東海道新幹線が開業して以降、両者は切磋琢磨しながらしのぎを削ってきた。利用者のライフスタイルの変化や技術革新により、かつては時間や運賃が中心だった「乗り物選びの基準」は多様化した。最近では、セキュリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード