家族からの戦力外通告

今回は体に腫瘍が見つかった女性からの相談。もし検査で悪性とわかった場合、浮気をしていた夫と、大好きな子どもたちと、どのような関係性を築くべきなのでしょうか。幡野広志さんの新刊『ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。』とあわせてお読みください。

※幡野広志さんへ相談を募集しています。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

最期の家族との過ごし方でご相談です。結婚17年目にして主人の浮気がわかり精神的に参ってしまっています。それでも大好きな子供達との生活を守りたくて離婚か、別居なのかを考えていた時、体調不良の為、検診をきっかけに体に腫瘍があることが判明。

現在、腫瘍を取り除く手術が決まっております、そして病理検査にかけることに。私はダブルワ―クで兼業主婦をしております。もし、腫瘍が悪性ならば、離婚して実家で余生を子供達と静かに過ごすのか(母も2年前にガンで亡くなっています)それとも、大好きな子供達と旦那と残りの人生を『家族』として生きて行くのがベストなのか、を真剣に考えています。

私自身が母のガンを父に知らされ(母は言わないでと言っていたそうですが…)私自信は知らないふりをしながらも母の残りの時間にできるだけ寄り添い生きていけたことに感謝しているので、悪性の場合は子供達に残された時間を伝えたいと考えています。

浮気がわかりまだ半年ほどしか経っておらず体調も気持ちも自分自身で見据える事がうまくできません…

(匿名希望 45歳 女性)

内緒話って、やっている人たちにはメリットだらけですよね。秘密の共有ができちゃうわけですから、バレたらリスクのある秘密を共有するほど絆や結束もうまれます。

不倫している人たちが、たのしそうなのはこれとおなじです。ぼくにはたくさんの不倫をしている人からの相談がありますが、だいたいノロケのエッセンスが混じっているのでどこかたのしそうです。

ただ相手や自分が本気になってしまったり、別れ話から不倫がバレそうになってみなさん困っています。きっとバレない不倫ほどたのしいものはないんですよね。バレるまではあなたの旦那さんもたのしんでいたとおもいます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

自分の人生を生きろ

この連載について

初回を読む
幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

幡野広志

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ak_hir すごい ひさしぶりに読んだ凄い文章 本買おう この文章を書ける人の本なら是非買いたい 12日前 replyretweetfavorite

FF22iBjw6wvgElQ なんでだろう?どうして幡野さんの言葉はほっこりしてるんだろう? 柔らかい毛布のようだ。 12日前 replyretweetfavorite

maeda_akira2416 『死の匂いを感じることで、絶望を感じることで、生きることを真剣に考えます。 それでも、死の匂いを嗅がせたくない家族が、患者さんに隠してしまうことがあります。』 https://t.co/TYz3eMMUGQ 13日前 replyretweetfavorite

shioriogu さいしょっから最後まで温度が一定で、離脱することができなかった。ぬるくて少しくるしい。でも救いがある。 13日前 replyretweetfavorite