新幹線vs飛行機 十番勝負

まるで自宅気分! 快適性対決】ANAとJRに追随を決断させた JALの無料Wi-Fi旋風

スマホ時代、いつでもどこでも使われるようになったWi-Fi。JALはチャレンジングな先行投資で「無料化」の先駆者に。競合他社も追随する一大旋風が巻き起こっている。

 時計の針を戻した2009年のこと、本田俊介・JAL国内路線事業本部長は電車内のある異変に気付いた。新聞や雑誌を読む人は減り、ほとんどの乗客がスマートフォン操作に没頭していたのだ。「地上でできることは、いずれ空の上でも求められるようになる。飛行機内でも、会社や自宅のようにインターネットを使えないものか──」。

 ところが、総務省に相談に出向くと、「電波法ってご存じですか」とつれない返事がきた。当時、電波法や航空法では、電波を発する電子機器の機内使用は禁止で、議論の余地すらなかった。

 しかし、ヒントはあった。そのころ、米国でプライベートジェットに音声通話を提供する事業者が、飛行機へのネット導入サービスを始めたのだ。ただし、北米200カ所に設置された地上電波塔から、飛行機の胴体に設置したアンテナに直接電波を飛ばす方式は、海上飛行が多い日本では通用しない。

 そこで編み出されたのが、人工衛星を活用する方法だ。地上から衛星を経由して飛行機に電波を飛ばす方式で、技術的な壁を破ったのだ。

 その後、航空法の規制緩和で、機内モードならば電子機器利用も可能に。先行して有料で始め、ついに16年6月、JALは「無料Wi-Fi宣言」を行い、人気タレントを起用して大々的にPR。無料Wi-FiはJALの新たな代名詞になった。

「無料Wi-Fiは新たな競争力になった」と語る、本田俊介・JAL国内路線事業本部長

 たかがWi-Fiだと侮るなかれ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年10/6号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-10-01

この連載について

初回を読む
新幹線vs飛行機 十番勝負

週刊ダイヤモンド

陸の王者・新幹線と空の王者・飛行機。東海道新幹線が開業して以降、両者は切磋琢磨しながらしのぎを削ってきた。利用者のライフスタイルの変化や技術革新により、かつては時間や運賃が中心だった「乗り物選びの基準」は多様化した。最近では、セキュリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード