​女性誌が書かない「モテる女」の真実

女性がモテる方法というのは、女性誌で頻繁に特集されていたり、書籍としてもしばしば書かれているテーマです。しかしそのどこにも、あることが書いていないという林伸次さん。今回はそんな女性のモテの真実について考えます。

どうして女性誌はあのことを書かないんだろう

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕、このcakesの連載のネタ探しのために、たまに女性誌の「モテる女になる」みたいな特集を読んだり、心理学の先生や銀座のホステスさんが書いている「いい男に愛されるには」みたいな本を読んだりすることがあるんですね。

女性誌がメイクやファッションを中心に展開して「こうすればモテる」みたいな記事になるのは、広告も関係しているし仕方ないなって思います。正直、男性が最初は女性を「見た目」で判断するのは、否定しがたいことです。

あるいは、「セックスを許すタイミング」とか「貴女がもっと自信を持てば」みたいな記事を読むと、「なるほどなあ、女性もこんなに作戦を練ってるんだなあ」って参考になることがよくあるんです。

でも毎回気になることがありまして、どうして「あのこと」を書いていないんだろうって不思議なんです。それは、「ほとんどの男性は、趣味と仕事にしか興味がない。そして趣味や仕事の話に深いところまで付き合ってくれる女性のことが大好き」という事実です。

例えば、いつか起業したいと夢見ながらIT関連企業で働いている将来有望な男性がいたとします。その彼と知り合って話すとき、アメリカに似たサービスが出てきているのを知っていたり、そのサービスのどういうところが凄いのか理路整然と説明できたり、そこに女性ならではの視点を入れることができたり、最終的に相手に「なるほどなあ」って思わせたら「勝ち」です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

twto365 女性誌が書かない「モテる女」の真実| 3ヶ月前 replyretweetfavorite

styxmgl 女性誌が書かない「モテる女」の真実|ワイングラスのむこう側|林伸次 https://t.co/V1aaNv5FZV あと女性誌の記事だと、万人への再現性が期待されないとダメですよね。男性には趣味と仕事の話で深いところまでついてい… https://t.co/gpMZY34sBF 3ヶ月前 replyretweetfavorite

styxmgl 女性誌が書かない「モテる女」の真実|ワイングラスのむこう側|林伸次 https://t.co/AfjqwOXjc6 これはアレですよね、「ダイエットはバランスのよい食事と適度な運動がいちばん」って言われても誰にも響かないのと一緒ですよね。「不都合な真実」には目をつぶるというか… 3ヶ月前 replyretweetfavorite

styxmgl 女性誌が書かない「モテる女」の真実|ワイングラスのむこう側|林伸次 https://t.co/AfjqwOXjc6 これはアレなんですよね、「ダイエットは適正な食事と適度な運動がいちばん」が真実だとしても、誰にも響かないのと同じ… https://t.co/5HjGniD81U 3ヶ月前 replyretweetfavorite