どんな短所も、裏を返せば長所になる

「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者・長沼睦雄先生が10代(と、そして大人)に贈る、心の疲れをラクにする方法。朝起きると「また一日が始まる」と、どんよりした気分になっていませんか? 人間関係、勉強、家族、容姿…ストレス社会で生き延びる技術を紹介します。『10代のための疲れた心がラクになる本』をcakesで特別連載!(毎週火曜・金曜更新)

どんな短所も、裏を返せば長所

 悲観脳の働きが強すぎる人は、自分のいいところを挙げられません。
 これも、さかさまを考えればいいのです。
 短所ばっかり……と思っていても、短所は裏を返せば長所。ひっくり返してみれば、いいところでもあるのです。
 いくつか例を挙げてみましょう。
「なかなか決断できない、優柔不断」なのは、「慎重で思慮深い」ということ。
「暗い」のは「落ちつきがある」ということ。
「のめり込むと周りが見えなくなる」のは「集中力がある」ということ。
「飽きっぽい、長続きしない」のは「切り替えが速い」ということ。
「がんこ」は「信念がある」ということ。
「せっかち」は「瞬発力、行動力がある」ということ。
「いいかげん」は「おおらか」ということ。

 まだまだいくらでも言えます。
 つねに「逆はどうだ?」「裏返すとどういうことか?」と考えてみる習慣をつけることです。
 言葉が豊かになると、視野が広がり、考え方も自由になります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

10代、そして大人の方へ。ストレス社会で生き延びる技術を精神科医が紹介。

この連載について

初回を読む
10代のための疲れた心がラクになる本

長沼 睦雄

「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者・長沼睦雄先生が10代(と、そして大人)に贈る、心の疲れをラクにする方法。朝起きると「また一日が始まる」と、どんよりした気分になっていませんか?人間関係、勉強、家族、容姿...ストレス社会で生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yomimonocom 「「暗い」のは「落ちつきがある」ということ。「がんこ」は「信念がある」ということ。」 長沼睦雄医師による連載「10代のための疲れた心がラクになる本」の第35回、「」がcakesにて公開! https://t.co/Q9pWBTzPsL 4ヶ月前 replyretweetfavorite