トラウマ治療にも使われる「自分マニュアル」の作り方

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcakesで特別連載!(毎週火曜更新)

トラウマも治せる「自分マニュアル」の作り方

 自分マニュアルの大切さはわかったけれど、どこから手をつけたらいいかわからない。それに、ちょっと面倒くさい気がする。
 そんなふうに感じる人もいるでしょう。
 私からのアドバイスは、最初はうんとハードルを下げてやることです。
 まず、紙を用意して「何時に起きて、何時に寝たか」を記録していきましょう。
 これは、書くという作業を習慣化させるためです。毎日書くことが大切なのです。起床時間と就寝時間に加えて、「起きていた時間はどんな気分だったか」も書きます。
 そしてもうひとつ、これが大切なのですが、「よかった探し」をします。
 よかった探しというのは、その日によかったと思えることを、何でもいいから必ず一個書くことで、これが自分マニュアルの唯一のルールです。
 「見つからないから書かない」、これはナシです。
 「よかったことに気がつかなかったことに、気づいたことがよかった」でもいいし、「何もないのに、とりあえず書けと言われて書いてみたことがよかった」でもいいです。「よくないけど、よかった」でもいいので、必ず書きます。
 とにかく最後に「~だからよかった」をつければいいのです。
 内容よりも、書く練習ができることが重要なのです。
 言葉にして書く習慣をつけると、頭の中に浮かぶ言葉も補強されていくので、心の中にだんだん「よかった」という思いが植えつけられていきます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

3万人の自衛隊員の心を救った「行列のできる臨床心理士」が教える、自分思考メソッド。

この連載について

初回を読む
イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ

玉川真里

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcak...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kawac よかった探し...それが一番難しいんだよなぁ... - 6ヶ月前 replyretweetfavorite

sacciprism これなるほどなのです。 https://t.co/Z2LPJkwPFF 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kazetami 自分を救ってくれるのは こうした本当に地道な作業だけです 私も共感します 6ヶ月前 replyretweetfavorite

megamurara 「プラスマイナスゼロ」で行きたいと思いました。 6ヶ月前 replyretweetfavorite