秘めない恋は本気じゃない?

10年間、山小屋で働いていた小屋ガールの吉玉サキさん。小屋に勤めるきっかけをくれたのは、幼馴染のチヒロさんでした。吉玉さんが初めて勤めた小屋には、そのチヒロさんを好きだと公言するスタッフがいたそうで__?

小学生のとき、クラスにひとりは「○○君が好き」と表明する女子がいた。

その相手はしょっちゅう変わる。好きな人が変わるたびに、律儀に表明するのだ。

山小屋にも、毎年恋をする人(そしてそれを表明したり、表明しなくても周囲にバレバレな人)がたまにいる。

そういう人が恋をするたび、みんな「またか!」とネタにする。失恋してもやっぱり、「今年もか~」とイジってしまう(ごめん、私もやってた)。

今回はそんなお話。


「僕のことなんか、女子会の話題にも出ないか~」

以前も書いたが、私が山小屋を知ったのは幼なじみのチヒロがきっかけだ。彼女は大学を出てすぐ、山小屋で働いていた。会社を辞めてしまった私は、山小屋の仕事を終えて下山したチヒロと飲みに行き、そこで山の仕事を勧められた。

翌年、私は7月上旬から山小屋で働いていた。その頃チヒロは南米を旅していて、7月下旬に帰国し、同じ山小屋で働くことになっていた。私のほうが、先に働きはじめたのだ。

私は履歴書にチヒロの紹介であることを書いていたので、最初からみんな、私がチヒロの友人であることを知っていた。

「サキちゃん、チヒロから猪狩君のこと聞いてる?」

ある日の仕事中、同い年の先輩・ミヤちゃんが言った。猪狩君はスタッフ仲間だ。

「え? 聞いてないけど」

「猪狩君、チヒロのこと好きだよ。去年振られたけど、たぶん今年もチヒロが来るの待ってると思う」

「へぇ、そうなんだぁ!」

最後にチヒロと会ったとき、山小屋の話はいろいろ聞いたけど、告白された話は聞かなかった。

スタッフ仲間の猪狩君は面白くて、ギャグを言ってはみんなを笑わせる人だ。彼は、チヒロを好きなことを大っぴらにしている。だから山小屋ではみんなが知っていて、ミヤちゃんの言い方にも陰口のニュアンスはなかった。

「猪狩君はね、毎年好きな子ができるんだよー。でも、チヒロは初めての二年越しなんだって!」

そんな情報も、あっけらかんと伝達された。

しばらくして、猪狩君にも「チヒロちゃんから僕のこと聞いてない?」と聞かれた。

「うん」

「そっかー。僕のことなんか女子会の話題にも出ないか~」

猪狩君はガッカリしたように言ったけど、チヒロは、たまたま恋愛の話題が出なかったから言わなかっただけだろう(女子がいつも恋愛の話をしているわけではない)。

女友達に「この前、告白してきた男がいてさ~」などとペラペラ喋る女の子もいるけど、チヒロはそういうタイプじゃない。それだけのことだ。


やっと現れた幼なじみ。だけど、別の山小屋に配属され……

私が山小屋で働きはじめてだいぶ経っても、チヒロは来なかった。なかなか航空券が取れないらしい。

猪狩君は、チヒロが来るのを心待ちにしていた。

結局、彼女が山に来たのは8月。山の上で再会した幼なじみは、もとの奔放さといいかげんさがパワーアップしていた。Tシャツなのになぜかノーブラだ。つっこむと「だって暑苦しいからさ~」と言う。もともと人目を気にしない性格だが、海外にいたことでますます人目を気にするという概念を失ったように見える。命さえあればそれでいい、みたいな。

チヒロが山に来たのが遅かったため、私たちの働く山小屋ではもう人員が足りていた。そこで、彼女は系列の別の山小屋に勤務することになった。私たちがいる山小屋からは、片道3時間ほどかかる。

私はその頃にはすっかり山小屋に馴染んでいたし、チヒロが別の山小屋に配属されたことは、残念ではあるけどそこまで悲しくはなかった。

だけど、猪狩君はものすごくガッカリしていた。そりゃあそうだよね。


休憩中、となりの山まで好きな人に会いに行く

夏の忙しい時期が終わったある日、猪狩君はチヒロに会いに、休憩中にとなりの山小屋まで行った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小屋ガール通信

吉玉サキ

第2回cakesクリエイターコンテスト受賞作! 新卒で入った会社を数ヶ月で辞めてニート状態になり、自分のことを「社会不適合者」と思っていた23歳の女性が向かった新天地は山小屋のアルバイト。それまで一度も本格的な登山をしたことのなかった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

paultaskart 人それぞれだろうけど、「抱えた気持ちを軽くする」ために公言する人はいると思う。それか、内に秘めておけないくらい感情が溢れてるか。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

etozudeyoshida こんにちは。 cakes連載「小屋ガール通信」 本日、新しい記事が公開されました。 まだ未読の方、よろしければ是非! https://t.co/HSEGRFQtl7 6ヶ月前 replyretweetfavorite