桃山商事の恋バカ日誌

誰もが経験してるはずなのに、あまり注目されてこなかった恋バナ

cakesで人気のこの連載をベースにした書籍『モテとか愛され以外の恋愛のすべて』が6月9日に発売されます!今回は出版を記念して、この本に出てくるキラーワードやエピソードをピックアップしてご紹介していきます。独自のマザコン判定理論や「セックス中の遊び」など、興味深い話が盛りだくさんです。

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員

清田 桃山商事の恋バナ連載、今回は「出版記念特別編」ということで、いつもとは少し趣向を変えてお送りします!

森田 本連載をベースにした新刊『モテとか愛され以外の恋愛のすべて』(略して『モテすべ』)が、6月9日に出版されることになりました。こちらはどういう本かというと、「食事」や「お金」、「謝罪」など、誰もが経験しているはずなのに、あまり注目されてこなかったトピックについてワイワイ語っていくという「恋バナの本」です。

清田 オビ文にはライムスター宇多丸さんより【恋愛という「人間関係問題」に関する、最新にして最高峰の研究成果と言えるんじゃないか? 桃山商事の皆さんに、嫉妬すら覚えました!】という光栄な推薦文(一部抜粋)をいただきまして、一同感激しました(泣)。

ワッコ 推薦文が届いた時、森田さんはほんとうに泣いてましたもんね。

森田 俺は長年のファンなので……。

清田 ここでは『モテすべ』に出てくるキーワードやエピソードをハイライト的に紹介していきます!

【開きは試金石】

森田 じゃあまずは、“開きは試金石”という言葉から紹介したいなと。これは「恋愛と食事」がテーマの章で、「相手の食べ方が気になる」という話をしていて出てきたんだったね。

ワッコ わたしの大学時代の女友達の名言で、「開き」というのは「魚の開き」のことです。彼女は魚の開きをうまく食べられない男性にちょくちょく遭遇するらしいんですね。そういう男を見ると「どうせママになんでもやってもらってたんだろ〜」とついマザコンを疑ってしまうみたいで。「開きをうまく食べられない男はきっといつか家事を全て任せてくる」という独自理論にたどり着いた。それを一言で表したのが“開きは試金石”です。

清田 偏見がすごいけどリアル(笑)。

ワッコ まあ、お酒の席で言ってたことなので、ちょっと極論っぽくはなってますよね。

森田 でも、相手が食事をしている様子から色々読み取ろうとすることってよくある気がする。もちろん偏見には気をつけなきゃいけないんだけど、逆に魚の食べ方がきれいだと印象よくなりそうだし。

ワッコ その子は「切り身しか頼まないやつは怪しい」とも言っていました。

清田 魚だけじゃなくてフルーツとかでもない? むいてくれれば食べるけど的な発想で、母親が全部やってくれると思ってるとか、それを自分でやるぐらいなら食べなくていい、とか……。そういう感じがマザコンというイメージと結びついてるんじゃないかな。

森田 知り合いの男性が「ミカンが嫌い」と言っていて、その理由が「自分で皮をむかなきゃいけないから」だったのね。「でも、リンゴとかもむかなきゃ食べられないでしょ?」って俺が聞いたら、「リンゴは誰かがむいてくれるじゃん」とのたまいました。

ワッコ ぎゃあああ! やばいっすね。

清田 食事からいろんなことがわかるもんだね。

ワッコ “開きは試金石”もあながち偏見とは言えないかも!?

【ぬきんちゅ】

清田 “ぬきんちゅ”は「恋愛とお金」という章で、「おごる、おごられる問題」の話をしていて出てきたキラー・ワード。

ワッコ ある時期に、わたしの女友達の間で“ぬきぬき”って言葉が流行ったんですよ。わたしはもし男性にご飯をおごられたら、何かで返さなきゃっていう心境になってしまうんです。そういうときに、まるでちんこをしごくみたいに褒めて気持ち良くさせることってあるよねという話になり、“ぬきぬき” と“ぬきんちゅ”という言葉が生まれました。そこから次第に一般名詞化していきましたね。

森田 一般名詞にはなってないよ(笑)。

ワッコ いや、“ぬき”と“ぬきんちゅ”は、もうすぐ広辞苑だと思ってます。

清田 心のちんこをしごく……つまり自尊心をくすぐったり、あえて「やれやれ」って気持ちにさせてあげたりってことだよね。俺も中学生のとき、サッカー部の先輩の心を気持ちよくさせるようなことをひたすらしてたわ(笑)。

森田 飲み会の場でお酒を注いだり、自慢しやすい話の流れにしてあげるのとかも、“ぬき”だよね。

ワッコ そうですそうです。場の中心にしてあげるんです。

清田 自分がぬかれてることに気づかない男性も多そう……。

森田 『モテすべ』の中では“ぬきんちゅ”の話をきっかけに、「食事をおごられるのとホテル代をおごられるのとでは何が違うのか?」とか、「付き合う前は男がホテル代を出すのに、付き合い始めるとワリカンになりがちなのはなぜか?」といった議論になった。詳しくはぜひ本書を読んでいただきたいんですが、恋愛における「おごる、おごられる問題」については我々なりにひとつの結論が出た気がしてます。

ワッコ あれは話していてアハ体験ありました。

清田 恋愛におけるジェンダーの話についても、ちょいちょい出てくる本になってます。

【ゲラセク主義者】

ワッコ “ゲラセク主義者”は清田さんのことですね。

清田 「ゲラセク」は牧野江里さん(女性向けAVレーべル「シルクラボ」代表)に教えてもらった言葉なんだけど、「ゲラゲラ笑いながらするリラックスしたセックス」という意味です。

森田 これは「恋愛と遊び」の章で出てきたんだったね。ここでいう「遊び」は恋人や夫婦間でのおふざけやじゃれ合いみたいなやり取りのことで、例えば変な名前で呼び合ったり、 彼氏に化粧をしてみたりとかそういうのです。

清田 俺はセックスの中でも笑いが欲しいから、つい遊んでしまうんです。

森田 でもさ、セックス中に「遊ぶ」って具体的にどういうことなの?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

restart20141201 "「開きをうまく食べられない男はきっといつか家事を全て任せてくる」" 6ヶ月前 replyretweetfavorite

momowakko 『#モテすべ』のダイジェストとして、「魚の骨を面倒くさがる男はマザコン」「フルーツをむいてあげないと食べない男はマザコン」など、偏見に満ちたエピソードを紹介しています。 https://t.co/r7EjSe6WMa 6ヶ月前 replyretweetfavorite

momoyama_radio 『#モテすべ』のダイジェストとして、「魚の骨を面倒くさがる男はマザコン」「フルーツをむいてあげないと食べない男はマザコン」など、偏見に満ちたエピソードを紹介しています。 https://t.co/V36ZIJHV4K 6ヶ月前 replyretweetfavorite