東芝、クラウド対応でテレビ視聴スタイルが変わる新型『レグザ』を発表!

 東芝は、9月27日にクラウドの番組情報と連携する新型『レグザ』Z7シリーズとJ7シリーズの2シリーズ7モデルを発表した。

 Z7シリーズは、液晶サイズが55、47、42インチのモデルを用意。デンマークを代表するデザイナー“ヤコブ・イェンセン”がデザインを監修している。タイムシフト機能を搭載する。
 J7シリーズは、液晶サイズが65、50、40、32インチのモデルを用意。タイムシフト機能は非搭載で、Z7よりも安価になる予定だ。

Z7シリーズ

 

J7シリーズ

 Z7、J7いずれもクラウドの番組情報と連携し、番組内のおすすめシーンをピックアップしてくれる。
 たとえば、録画した番組の中からおすすめのシーンを一覧化して、見たいシーンのみの視聴が可能。また、複数の番組から関心があるキーワードで検索して、該当シーンのみを楽しむといったことができる。
※この機能は2012年10月下旬より開始予定。

 録画予約もキーワードを選ぶことで、クラウド上で注目度の高い該当番組が自動的に予約される。
※この機能は2013年1月下旬開始予定。

 そのほか、“クラウドメニュー”からインターネット経由で写真を友人たちと共有できる”クラウドアルバム”やメッセージを送れる“伝言ボード”といったクラウドサービスが利用できる。
※この機能は2012年10月下旬開始予定。利用にはバージョンアップが必要。

 さらにZ7は、最大6チャンネル約40時間ぶんの番組をまるごと一時保管して、いつでも視聴できる“タイムシフトマシン”機能を搭載。外付けHDDへの保管が可能になったり、過去番組表に週刊番組表が追加されたりと、従来よりも機能が進化。

↑同社純正のタイムマシン対応USBハードディスク『THD-250T1』(2.5TB)なら、HD画質で6チャンネルを約40時間一時保管可能。薄型なので、Z7のパネル背面に設置し内蔵ハードディスクの感覚で利用できる。

 事前に自分の好きなジャンルの番組情報を集めることもなく、見たい番組、見たいシーンをいつでも楽しめるようになる、夢のような機能が満載で、発売されるのが楽しみな製品だ。

■関連サイト
東芝レグザサイト

(八岡弘高)

週刊アスキー

この連載について

初回を読む
週アスニュース&トピックス

週刊アスキー

cakes向けに、週刊アスキー編集部が運営するニュースサイト『週アスPLUS』の最新デジタルニュースとトピックスを厳選してお届け! 最新ガジェットからネットサービス、サブカルまで幅広いジャンルからピックアップしていきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード