鬼の子

ほんとのきもち

秋も過ぎ、早くも年末になりました。オニくんは、以前みどりちゃんがつぶやいた一言がずっと気になっているようで……。ツノの生えた男の子・オニくんと、周りの人たちとのあたたかな交流を描く、「cakesクリエイターコンテスト」の入賞者・ながしまひろみさんの連載です。

※前回のお話はこちら

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
鬼の子

ながしまひろみ

夏休み前日。野球部を退部した中学生のみのるくんは、グラウンドで練習を眺める、ひとりの男の子に出会う。思わず「野球の見学?」と声をかけたみのるくんに、男の子は……。みのるくんと男の子、そして周りの人たちとのあたたかな交流を描く、「cak...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rurika109 うう😭「こころのなかでも笑ってるといいな」「ぼくが力になりたい」そう思える人、「」を見せて受け止めてくれる人がいるってすてきだな。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

fkfkymmt2 野球の時のみどりちゃんがほんとうだって思ったんだね。一生懸命で声の大きな優しい子。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

hanuwachi 自分が 「同性愛者なんだ!」 って初めて声を大にして言った時の事、思い出した。 は いつも隅っこにあるけど 熱くて、重たい言葉。 |ながしまひろみ @nagashitake | 3ヶ月前 replyretweetfavorite

nkmk1726 ああ、このていねいに感情をすくっていく感じが大好きだなあ、そして最後の3ページでまたぐっときてしまいました。。好き。 3ヶ月前 replyretweetfavorite