わかる日本書紀① 神々と英雄の時代

留守中に消えた宝、弟への遺恨…そして兄は復讐へ【第十代最終章】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した『わかる日本書紀① 神々と英雄の時代』から、日本の正史を学ぶ連載。

出雲の神宝をめぐる兄弟の争いと幼子(おさなご)の言葉

六十年七月十四日、天皇は臣下たちに言いました。
タケヒナテリ(武日照命)が天から持ってきた神宝が出雲大神(いずものおおかみ)の宮※1に所蔵されている。これを見たいものだ」

そこで矢田部※2の遠祖・タケモロスミ(武諸隅)を派遣して、献上するように命じました。
このとき、出雲臣(いずものおみ)※3の遠祖・イズモノフルネ(出雲振根)が神宝を管理していましたが、ちょうど筑紫国(つくしのくに)に出かけていて留守でした。そこで、イズモノフルネの次の弟のイイイリネ(飯入根)が代わって皇命を受け入れ、神宝を下の弟のウマシカラヒサ(甘美韓日狭)とその子のウカズクヌ(鸕濡渟)に持たせて献上しました。

そうしているうちに、イズモノフルネが筑紫から帰ってきて神宝を朝廷に献上したと聞き、弟のイイイリネを責めて言いました。
「あと数日待つべきだったのに。何を恐れてたやすく神宝を渡してしまったのだ」

年月が経っても、兄はなお恨みと怒りをいだいていて、弟を殺そうと思っていました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る一冊。

マンガ遊訳 日本を読もう わかる日本書紀1 神々と英雄の時代

村上 ナッツ,村田 右富実,つだ ゆみ
西日本出版社
2018-12-18

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀① 神々と英雄の時代

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません