九螺ささら「きえもの」

九螺ささら「きえもの」【豚足】

もう、この蹄(ひづめ)を隠さなくていい。
一人の部屋で、わたしはミトンの先を噛み、引き剝がすようにするりと外す。
――電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

 纏足(てんそく)の姫は沓(くつ)から足を出す二本の足は豚足である



 全身の、どこもかしこも大嫌いだったけれど、手の爪だけが、好きだった。爪だけが、形も色も艶も美しい。しかも、自分で常に見られる。これだけが、わたしの自尊心の素だ。学生時代は磨くだけにとどめていたが、会社員になってたがが外れた。

 お給料のほとんどを、ネイルとネイルサロンにつぎ込んだ。

 そこだけが大事だと思うと、猛烈に不安になった。

 手タレだけで生活している人のブログに、「毎日三食豚足を食べている」とあった。「豚足には美しい爪を作って保つ全てが含まれている」というのだ。

 次の休日わたしは中華街に行った。子どもの頃、中国の市場に豚足が何百と吊るされているのを見たからだ。

 それから昼食以外、食事は豚足になった。

 恋人が出来た。

「爪が凄く綺麗だね」と手を握ってくれた。

 彼を失望させたくなかった。だから昼の外食をやめて、豚足を挟んだサンドイッチを持ってくるようにした。

 付き合いが半年になった頃、手が変化し出した。手首から先が、蹄(ひづめ)になり始めたのだ。豚の蹄だ。

 それは美しい蹄だった。

 ミトンで両手を隠して生活することにした。恋人とはこちらから一方的に別れた。パソコンを使う業務が出来なくなり、会社を自主退職した。

 手のことも退職のことも恋人とのことも親には言えずに、実家に帰る回数を極力減らし、元日はミトンをつけたまま「皮膚炎で塗り薬をつけているから」と言い訳して、箸も使えないので「急に気分が悪くなったから」と二時間の滞在で難を逃れた。そそくさと帰り支度をするわたしを、母は怪訝そうに見つめ続けていた。

 肉親を裏切っても人間関係を失っても、わたしは怖くなかった。内心は愉悦に満ちていた。

 もう、この蹄を隠さなくていい。一人の部屋で、わたしはミトンの先を噛み、引き剝がすようにするりと外す。

 うっとり、蹄の艶を見つめる。人間の爪には決してたどり着くことのできない、硬質で強度があり、こくのある角質。磨けば磨くほど、大理石のような光沢を増してゆく。

 手応えや信頼とはこういうことだと実感する。

 わたしの一日は、蹄磨きと豚足摂取のみに捧げられている。



 豚足がみな手になって整列し千手観音無音の浄土



この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歌人・九螺ささら「きえもの」一挙15篇収録。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.54(2019年2月号)[雑誌]

三谷匠衡,macho,今祥枝,小林勇貴,武内涼,花房観音,武田綾乃,最果タヒ,東川篤哉,朱野帰子,寺地はるな,結城充考,乾緑郎,吉野万理子,青柳碧人,九螺ささら,門井慶喜,ふみふみこ,荻上チキ,円城塔,平原卓,橋爪駿輝,渋谷直角,カレー沢薫,恒川光太郎,柳瀬博一,新納翔,國友公司,新井久幸
新潮社
2019-01-18

この連載について

初回を読む
九螺ささら「きえもの」

九螺ささら /新潮社yom yom編集部

初の著書『神様の住所』がBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した歌人・九螺ささらによる、短歌と散文が響き合う不思議な読み物。電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません