浮世絵」は商売? 芸術?—江戸の太平を担った才能豊かな商売人たち

上野にある東京国立博物館をひと巡りしながら、日本の美術史を概観するアート連載。前回にひきつづき、アートを楽しむプロフェッショナル“アート・コンシェルジュ”が、浮世絵について解説してくれます。商売として盛り上がった浮世絵が、なぜ世界中で芸術的な評価を得られるにいたったのでしょうか? そこには、庶民が文化をつくるという潮流を世界でいちはやく切り拓いた、江戸の浮世絵作家たちの尽力がありました。


立派な階段を上ると、浮世絵が飾られた第10室へ続く扉がある

庶民の文化が生んだ庶民の芸術

 東京国立博物館の2階、第10室で浮世絵を鑑賞中。浮世絵に「ふつうの人」を楽しませる仕組みがたくさん入っているのは、浮世絵が、庶民による庶民のための芸術だったからだというお話でしたよね。そういう芸術って、江戸時代以前にはなかったんですか?

「そもそも、江戸時代以前には、庶民の文化自体がなかったんですよ。1603年から250年以上の長きにわたって、太平の世を実現したのが江戸時代。庶民文化は、その太平のなかで初めて発展するんです。国のかたちが安定すると、大都市が形成されるようになって、そこに商人・町民階級が誕生します。彼らを中心として新しい文化が生まれ、その一翼を担っていたのが浮世絵というわけです」

 へー、そうなんだ。ってことは、浮世絵は、江戸の平和な世の中の象徴みたいなもの?

「はい。先駆者とされるのは、17世紀前半に活躍した岩佐又兵衛という人物。彼が何をしたかといえば、絵の題材を身近なところから採ったのです。時の権力者や神話・歴史上の出来事、人物といったものを対象にするのではなく、当時の一般の人たちが織りなす風俗を描いた。浮世とは、現世、いまの世の中、といった意で用いられる言葉です。風俗を描いた又兵衛は、文字どおり浮世絵を創始した人物といえます」

 そうか。浮世絵ってそういう意味なんですね。なんとなく古い版画のことをいうのかと思ってました。だから版画じゃないと浮世絵とは呼ばないのかと。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
上野で2時間で学びなおす日本美術史

山内宏泰

気になった企画展などに行ってみるけれど、いまいち作品の魅力を味わいきれていないように思っているあなた。美術史の大まかな流れを知れば、アートはもっと楽しく鑑賞できます。『上野で2時間で学びなおす西洋美術史』(星海社新書)で登場したアート...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません