新幹線vs飛行機 十番勝負

JRがアニメでファン開拓 「シンカリオン」人気の舞台裏

日本の平和と安全を守るため、謎の敵に立ち向かう新幹線変形ロボット「シンカリオン」が、一大ブームとなっている。JR東日本監修でキャラクターコンテンツプロジェクトが立ち上がり、2018年1月からはテレビアニメが放映されている。

 人気の秘密は大人も子供も楽しめるロボットの造形と、実際の新幹線にまつわる情報を織り交ぜたストーリーにある。ロボットは「E5はやぶさ」や「N700Aのぞみ」などJR5社の車両がモチーフ。“真面目”なJR東海が協力に転換したことからも、シンカリオンのポテンシャルの高さを感じさせる。

 アニメ放送の第1話は、JR社員が夜中に保線作業を行うシーンから始まる。子供向けアニメとしては、非常にマニアック。しかし、新幹線の安全運行が“縁の下の力持ち”によって支えられている光景は視聴者の共感を呼ぶことだろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年10/6号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-10-01

この連載について

初回を読む
新幹線vs飛行機 十番勝負

週刊ダイヤモンド

陸の王者・新幹線と空の王者・飛行機。東海道新幹線が開業して以降、両者は切磋琢磨しながらしのぎを削ってきた。利用者のライフスタイルの変化や技術革新により、かつては時間や運賃が中心だった「乗り物選びの基準」は多様化した。最近では、セキュリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード