うつが再発しない人は「自分マニュアル」を作っている

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcakesで特別連載!(毎週火曜更新)

うつが再発する人、再発しない人の違いとは

 前述の、私と一緒に「自分マニュアル」を作っている人たちを見ていると、明らかにうつが再発しにくい傾向があります。
 多くの人たちが再発することなく、心理職の指導者や、職場で後輩を育成する立場に育っていきます。
 その一方で、薬だけでうつを治した人たちは再発しやすいともいわれています。おそらく、みなさんの中にもそういうイメージがあると思います。
 両者の一番の違いは何かというと、「考え方や物事のとらえ方が変わったか、変わっていないか」という点だと思います。そこを変えることができた人は、次に壁にぶつかっても再びうつにはなりにくいのです。
 うつを脳の病気として捉え、不足しているセロトニンやノルアドレナリンなどを補充するアプローチが間違っているとはいいません。でも、そういう部分だけ治しても、もともとの考え方のスタイルや物事にぶつかったときのとらえ方を変えなければ、同じことの繰り返しになります。
 なぜなら、うつになる人は元々頭がいいのです。
 だから、次の壁にぶつかったとき、またあれこれ考えます。それだけで自分のエネルギーを使い切って燃え尽きてしまうわけです。
 そうならないためにも、「今、自分にはどういう心のクセがあって、どういうふうに乗り越えたらうまくいって、どういう方法はよくなかった」という情報を蓄積していくことが役立つのです。
 そういうやり方をすると、「そうか、このときはこうだった」と、過去の経験と照らし合わせることができます。
 そして次に何かあったときには、「あのときは実験的にこうやってみたけどダメだったから、今度はこうやってみようかな」というふうに、新しい選択をすることができます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

3万人の自衛隊員の心を救った「行列のできる臨床心理士」が教える、自分思考メソッド。

この連載について

初回を読む
イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ

玉川真里

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcak...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moxcha なんかひっかかる… 6ヶ月前 replyretweetfavorite

yomimonocom 「薬だけでうつを治した人たちは再発しやすいともいわれています。」 元自衛隊の臨床心理士・玉川真里さんの連載「イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ」 第8回「」を公開! https://t.co/jWiQsNU0P7 6ヶ月前 replyretweetfavorite

mori_kananan |玉川真里|イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ 今なら、薬だけで良くなったわけじゃないと言える自信がある。今ならば。 https://t.co/0T71AsswRL 6ヶ月前 replyretweetfavorite