愛を感じないものには思い切ってサヨナラを!

冷蔵庫の中に入っていたものを全部出したら、次のステップは「分ける」です。賞味期限切れの調味料などはもちろん、「味があまり好きじゃない」「うまく使えなくて、まだ1回しか出番がなかった」など、愛を感じないものには思い切ってサヨナラを。
不要なものを処分すれば、本当に必要なものだけ、使いやすく収納できます。保存容器や収納グッズの活用法もぜひ参考にして!


その調味料、本当に使う? うちの冷蔵庫の「適正量」を知ろう

冷蔵庫の中に入っていたものを全部出したら、次のステップは「分ける」です。

賞味期限切れの調味料などはもちろん、「味があまり好きじゃない」「うまく使えなくて、まだ1回しか出番がなかった」など、愛を感じないものには思い切ってサヨナラを。

不要なものを処分すれば、本当に必要なものだけ、使いやすく収納できます。保存容器や収納グッズの活用法もぜひ参考にして!

冷蔵庫の中からすべてのものを出したら、次は賞味期限、消費期限を確認しましょう。

袋や容器を開けないままで表示された保存法を守って保存していた場合に、おいしく食べられるのが賞味期限。袋や容器を開けないままで表示された保存法を守って保存していた場合に、安全に食べられるのが消費期限です。消費期限を過ぎたものは、食べないようにしてください。

整理の基本は、多すぎるものを適正な量に減らすこと。冷蔵庫に入っていたものを仕分けして、「まだ使うかも」と元に戻したら、何もしなかったのと同じです。

冷蔵庫の中のものを仕分けしたら、本当に必要なものだけを残しましょう。味があまり好みじゃなかったので、1回しか使っていないドレッシングや、ほとんど使っていない調味料など、自分が愛を感じないものも思い切って処分。「もったいない」と思っても、いずれ賞味期限・消費期限切れになるときがやってきます。

賞味期限・消費期限切れになったものは捨てるしかありません。

ものを捨てる=お金を捨てることです。自分が捨てることになったものの傾向(大きな調味料、流行りものの食品など)をよく覚えておいて、次回からは買わないように気をつけましょう。自分の買い物のクセを知る、わが家の適正量を知ることは節約にもつながるのです。


賞味期限・消費期限などを目安に必要なものを決めたら、それを「卵」「チーズ、バターなどの乳製品」「ドレッシングやたれ類」「チューブ類(わさび、からしなど)」「大きい調味料」「小さい調味料」「朝食で一緒に使うもの(バター、ジャム、メープルシロップなど)」「みそ汁を作るときに使うもの(みそ、だしなど)」「飲み物」「お弁当を作るときに使うもの(のり、ふりかけなど)」「野菜」「その他」というふうに、ジャンルごとにテーブルや床の上に並べます。

そしてそれぞれのベストポジションを決め、冷蔵庫の中へ戻していきましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
天使が住みたい冷蔵庫・悪魔が住んじゃう冷蔵庫

番場智子

イライラ、面倒くさい、やる気が起きない……。その理由は「冷蔵庫」にあるかもしれません。冷蔵庫はあなたの心の中を表しています。ピカピカにするだけですべてがうまくまわりだす冷蔵庫の魔法を大公開! キレイにするだけで、心も体も健康に!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません