パスタの熱で卵とチーズを調理する! お手軽&絶品カルボナーラ

連載51回目は、カルボナーラ。とっても簡単で手軽につくれる料理です。ポイントはパスタの熱でソースを加熱すること。アレンジとしてアスパラガスを入れるのもオススメです。

茹で上がったパスタに卵とチーズを絡め、黒胡椒をたっぷりと振ったカルボナーラは人気のパスタメニュー。本来のカルボナーラはグアンチャーレ(豚の頬肉の塩漬け)やパンチェッタ(燻製していないベーコン)でつくりますが、今回はスーパーでも入手しやすいベーコンで代用しました。

普通のパスタは一人前100gですが、今回は90gでつくります。ちょっと少ないかな、と思うかもしれませんが卵1個に対して適切なパスタの量を検討した結果です。カルボナーラは言ってみればイタリア風の卵かけご飯。実はスーパーイージーなので「パスタをはじめてつくる」という方にもオススメです。


カルボナーラ

材料(2人前)

ベーコン…70g
卵…2個
チーズのすりおろし…大さじ4 (24g)
にんにく…1/2片
オリーブオイル…小さじ1
黒胡椒…適量
1.9mmのパスタ…180g
水…1L
塩…12g

作り方

1.冷たいフライパンにオリーブオイル小さじ1と1cm幅に切ったベーコンを入れ、中火にかける。片面に焦げ目がついてきたら、ニンニクの薄切りを入れてさらに炒め、ニンニクが焦げる前にボウルに取り出す。


2.鍋に水1Lを沸かし、塩12gを加えてからパスタを茹ではじめる。茹で時間は袋の表示通りか好みにより+1分くらいが目安。(もっと細いパスタを使う場合は袋の表示通りに茹でる)


3.1のボウルに卵を割り、粉チーズを計り入れる。フォークで混ぜ、黒胡椒をたっぷりと振る。(Tips 1 粉チーズの選び方)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載やnoteの記事をベースに、書き下ろしレシピも加えた『新しい料理の教科書』が好評発売中です。ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを家庭でいちばんおいしく作る方法をご紹介しています。

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

feilong 1件のコメント https://t.co/quYxwE7FQo 25日前 replyretweetfavorite

Hiroakinator 元ネタは樋口直哉さん... 忙しい新社会人さんで自炊派の方は時短メニューの 参考にしてみてね... 美味し https://t.co/ejtRJr9p3u https://t.co/WqmOtYIbtF 26日前 replyretweetfavorite

tsurunosuke0120 |「おいしい」をつくる料理の新常識|樋口直哉|cakes(ケイクス) ・ イタリア版卵かけご飯。と言われたらカルボナーラへのハードルが、ぐっと下がる。 言葉って凄いな。 https://t.co/tntJoVIS2Q 26日前 replyretweetfavorite

sadaaki これは絶対にうまいやつ。作らねば。 26日前 replyretweetfavorite