HSCには、障がいのない子もいる、障がいを抱えた子もいる

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCの子を育てる親向けに、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本』をcakesで特別連載!(毎週木曜更新)

HSCには、障がいのない子もいる、障がいを抱えた子もいる

 私は、自閉スペクトラム症(ASD)の感覚過敏とHSCの敏感さとはまったく関係ないと言っているわけではありません。そこには、重なる部分もあります。
 たとえば、先日お母さんに連れられて初めて私のところに診療に来た子は、自閉スペクトラム症と診断されていました。
 お母さんはこう言われました。

「先生、この子に障がいがあることはわかっています。それはそれとして、感覚の敏感さに本人がとても苦しんでいるようなので、この敏感さにどう対応したらいいかを教えていただきたいのです」

 その子はたしかに、五感にいろいろ過敏さを持っていました。しかし注意すべきは、五感以外の敏感さも持っているということでした。通常、ASDの場合は人とのコミュニケーションが苦手で、マイペースで人にあまり関心を示さないのですが、その子は周囲にとても気遣いを見せるのです。
 私は言いました。

「ASDであり、HSCですね」

 明らかにASDの感覚過敏とは違う敏感さが見られたのです。
 かつて私は、療育センターを受診した神経発達症をもつ15歳までの子ども500名弱の超感覚の有無と時期について、親への問診チェックリストへの記入方式で調査したことがあります。この結果、幼児期の44パーセントは親が「人の気持ちが読める」と感じる子どもであり、子ども全体の22パーセントは「見えないものが見えている」と親が感じていました。また、全体の20パーセント弱は「出生時や赤ちゃんの時の記憶」「自然への特別な感性」があり、3~5パーセントは、これら複数の超感覚をもっていました。

 HSPとは病気や障がいという概念とは別物だということが、おわかりいただけましたでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

子どもの敏感気質(HSC)の入門書。好評発売中!

この連載について

初回を読む
子どもの敏感さに困ったら

長沼 睦雄

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCを育てる親に向けて、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません