中編】すべての創作はパクリから逃れられない

タモリの本当の “凄さ” って何だろう。謎めいたタモリの正体に鋭く切り込んだのが、初の新書『タモリ論』を上梓した小説家・樋口毅宏さん。インタビュー中編では、本では取り上げなかったエピソードを中心に、昔のタモリさんのこと、そして “学習型” だというビートたけしさんについて語っていただきました。
cakesでは、『タモリ論』のまえがきも全文掲載。インタビューと併せてお楽しみください。

キワモノ芸人だったタモリが “お昼の人” に

— 『笑っていいとも!』に出る前のタモリさんは、いまとはずいぶんイメージが違ったそうですね。

樋口 そうそう。デビューしたころは、『うわさのチャンネル』だとか、『11PM』だとか、遅めの時間帯の番組によくゲスト出演していました。イグアナのものまねをしたりね。はっきり言ってキワモノ芸人ですよ。とんねるずの「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」より30年早かった。

 そもそも、素人時代のタモリさんは、飲み屋で赤塚不二夫さんやサックス奏者の坂田明さん、作家の筒井康隆さんを前に、アングラなきわどい芸をやっていた。芸人としてデビューした当時も、“お昼の人” じゃなく、“夜の顔” って感じでした。そんな人がいきなり、お昼の帯番組の司会に抜擢されたんです。

『タモリ論』の中でも書きましたが、徳光さんがテレフォン・ショッキングに出たとき(2009年2月放送)、番組スタート当時を振り返り、タモリさんも「いまでいうと江頭 2:50 がお昼の帯をやるようなもんだった」って言ってたんです。

 『いいとも!』の前にやっていた昼帯の『笑ってる場合ですよ!』も、かなりの人気番組だったみたいですね。

樋口 そりゃもう、番組名自体が流行語になるくらい人気でした。当時の漫才ブームのまっただ中で、B&Bが司会をやって、ツービートや紳助・竜介がレギュラー出演していました。そんな人気番組を終わらせてはじまったのが、『いいとも!』なんです。

 どちらの番組ともプロデューサーを務めていた横澤彪さんは、「タモリは3ヶ月=1クールもてばいいと思ってた」と言っていたくらいなのに、それが30年続くんですからね。誰もが予想していなかったことでしょう。

 本には書ききれなかったことで、昔のタモリさんの印象的なエピソードはありますか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
天才・タモリの“底なし沼”—樋口毅宏インタビュー

樋口毅宏 /cakes編集部

タモリの本当の“凄さ”って何だろう。謎めいたタモリさんの正体に鋭く切り込んだのが、初の新書『タモリ論』を上梓した小説家・樋口毅宏さん。芸能界の重鎮・タモリにまつわるエピソードをふんだんに交えつつ、ビートたけし、明石家さんまという「お笑...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

k_sato_oo すべての創作はパクリから逃れられない| 4年以上前 replyretweetfavorite

pantasmacoello / 樋口毅宏さん、『むこいじ』のピンクT着てる #YasuyukiLove 5年以上前 replyretweetfavorite

KubipuTesio 後半完全同意。 "@cakes_PR: 『タモリ論』を上梓した小説家・樋口毅宏さん @takehirohiguchi のインタビューの中編が更新。今回も興味深いお話が満載です よ! 【 中編】すべての創作はパクリから逃れられない https://t.co/nvUftYVarj" 5年以上前 replyretweetfavorite