桃山商事の恋バカ日誌

ラブホに行った回数は、別れた瞬間ゼロにリセット

「失恋ホスト」として数々の恋愛相談を受けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」の3人が、さまざまな角度から恋バナ談義を繰り広げるこの連載。今回からは、「秘密と嘘」をテーマに語っていきます。初めてのフリに、慣れているフリ。恋愛絡みで思わずついてしまう小さな嘘の数々には、一体なにが隠されているのでしょうか?

思わずついてしまう、小さな嘘

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員

清田 桃山商事の恋バナ連載、今回からは「秘密と嘘」というテーマで語っていきます。

ワッコ これ、結構大きいテーマですよね。それこそ浮気や不倫もそうだと思うし。

清田 そういう重めのものから、もっと小さくて些細なものまで、秘密や嘘にもいろんな話があると思う。「秘密にされてた」「嘘をつかれた」なんて聞くとネガティブなことのように感じられるけど、良し悪しはいったん置いといて、その意味や背景にある事情を考えてみると見え方が変わってくるかもしれない。

森田 例えば常連投稿者の“漁師の娘”さんは、夫に対して思わず小さな嘘をつきがちと言っていた。彼女は現在育休中で双子の子育てをしてるんだけど、夜に彼が帰ってきて「今日は何してたの?」と聞かれた時に、ほんとうは家でゴロゴロしてただけだった日も「公園を散歩したよ」ってぽろっと嘘をついちゃうことがあるらしい。

清田 どこにも出かけずにいたのが後ろめたい感じがするのかな?

森田 本人は、「ほがらかに子育てしてる理想像に縛られてるのかもしれない」と言ってた。でも、それは後から逆算的に理由を考えたことだろうけどね。

「ラブホ歴詐称」で隠したかったものとは?

清田 俺も日々の生活の中でわりと小さな嘘をついてしまいがちでして……。

ワッコ 正直な告白ですね。たとえばどんな嘘ですか?

清田 これは昔の話なんだけど、ラブホ経験に関して何度も嘘をついていました。初めてラブホテルという場所に行ったのは大学生のときだったんだけど、相手は恋人ではなくて、飲み会で知り合った女の人だったのね。で、そのあと付き合った彼女ともラブホに行くことになって、そのとき俺は「こういうところに来たの初めてだわ」って言ってしまって。

ワッコ 経歴詐称ですね(笑)。

清田 そしてその次にお付き合いした彼女と行ったときも「こういうとこ初めてなんだよね〜」って……つまり、毎回初めてラブホにくる男を演じていた。

ワッコ 毎度、「わぁ〜♡お風呂がガラス張りだ〜!」みたいにはしゃいだり……?

清田 キョロキョロ部屋の中を見てまわったりね(笑)。あと、ホテルの入り口にある部屋を選ぶための自販機みたいなやつの前で、「これ映画とかでよく見るやつだ……」とか言ってみたり。

森田 謎のピュア演技……。なんのためにそんな嘘ついてたのかな? かわいく見られたかったの?

清田 自分でも「なんでこんな嘘ついてんだろ?」って思った記憶がある。前もって言おうと決めといたとかではなく、現場でぽろっと出ちゃう感じだった。

ワッコ 脊髄反射的な嘘

清田 おそらく、そのときの彼女に余計な想像をさせたくないっていう気持ちはあったと思う。「清田は別の女子ともこういうところきてたんだ」みたいな。多分、俺自身がそういう想像をしたくなかったというのもあるんだろうけど。

ワッコ 確かに、彼氏から「ここのラブホ、釜飯が美味しいんだよね〜」とか言われたらいやかも。

森田 そこまで具体的だと、他の人とのセックスを想像させそう。清田の詐称には、予防線みたいな気持ちもあったのかもしれないよね。これは常連投稿者の“いつもの先輩”が言っていたんだけど、初めての相手とセックスする流れになると「するの、久しぶりだなー」と嘘をついちゃうんだって。うまくできなかったときの保険をかけたい気持ちがあるようで。

清田 あ〜、めっちゃわかる。当時の自分にもそんな感じがあったような気がする。って、今が自信満々とかではないんですが。

ワッコ でも清田さんは、いざセックスという場面でボッキできなかったことがないことで有名じゃないですか? それで“アイアンマン清田”の異名があるという。

清田 6月9日に発売される新刊『モテとか愛され以外の恋愛のすべて』でもアイアンマンの話は出てくるんだけど、そこでは「リラックスしてるからいつでもボッキできる」という話になった。でも、「勃たないことがない」ってのとセックスがうまくできることはまた別で、実は私、果てるのが早くて……。アイアンマンであると同時にスピードスターでもあるんです……。

ワッコ 兼務(笑)。

スピードスター清田 これに関してはトラウマがありまして……。さっき言った、初めてラブホに行った相手といざセックスってときに、バストの方を触ってるだけでフィニッシュしちゃったことがあったのよ。

ワッコ えええ!? そんなことあるんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

momowakko 「人はなぜラブホ歴を詐称してしまうのか?」というお話です。 https://t.co/Uq3rm0xC26 25日前 replyretweetfavorite

momoyama_radio 「人はなぜラブホ歴を詐称してしまうのか?」というお話です。 https://t.co/NxMM7gmAO2 25日前 replyretweetfavorite

thinktink_jp "確かに、彼氏から「ここの #drip_app 25日前 replyretweetfavorite