​見城徹社長について思うこと

今回取り上げるのは、幻冬舎社長の見城徹。歯に衣着せぬ発言で話題を呼ぶことが多いですが、幻冬舎から本を出していた著者の売上を暴露して炎上、SNSをやめることを宣言しました。出版業界以外からわかりづらいこの事件、問題の本質なんだったのでしょうか。

死ぬこと以外かすり傷ではない

死ぬこと以外かすり傷、と宣言する人もいるが、死ぬこと以外かすり傷ではないことは、揉めている作家を攻撃するために自社刊行物の実売部数をTwitterで晒した幻冬舎・見城徹社長が、そのツイートを削除したことからもわかる。ご機嫌斜めの社長による一投がこうして企業そのものの痛手になるのだから、死ぬこと以外かすり傷ではないのである。

ちなみに「幻冬舎の舎は舎弟の舎」との冗談があるそうで(箕輪厚介『死ぬこと以外かすり傷』)、その舎弟っぷりって具体的にはどういうことなのかと、見城と箕輪の本を読み比べてみれば、見城の本には「24時間寝ないで働いて、最後は血の小便が出た」(見城徹『読書という荒野』)とあり、箕輪の本には「『オレはお前らが寝てる間も動いている。誰よりも量をこなしてきた。舐めるなよ』と、確かな感覚が手に残っていれば、胸を張って戦える」とある(前掲書)。とても似ている。それもそのはず、箕輪は、自分のフォロワーには見城の本は読んでほしくない、なぜなら「すべてが見城さんのコピーであることがバレてしまうから」(見城徹『異端者の快楽』解説)とまで書いている。「多くの批判と世間からの返り血を浴びながら、それでも共感してくれる人を集め、巻き込んでいく。そんな教祖力を持った人がこれからの時代をつくっていく」(箕輪・前掲書)と書いていたのも師匠からの受け売りだとすると、今回、そもそも師匠は「批判」や「返り血」をキチンと受け止めたのだろうか。

「返品数を確かめようとする編集者が何人いるだろうか」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ここでしか書けない」 言葉の在庫を放出した。

往復書簡 無目的な思索の応答

又吉直樹,武田砂鉄
朝日出版社
2019-03-20

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tamago_san 私もわだかまってたまま。 そういえば...先輩で "編集者は◯輪さんみたいな仕事の仕方しないとね。だっていまの出版業界は(以下略)"て人いたなぁ。 私は、先輩はもっと色々な本を読んだ方がいいと思ったし、好みが合わないなぁと思った。 https://t.co/c4uwQH0TkG 12日前 replyretweetfavorite

AndersonSaber 見城徹社長について思うこと https://t.co/VIKy5HWR0C 権力者に阿るあまり、百田の情けないパクリ本、デタラメ本のケツも拭けない見城。 22日前 replyretweetfavorite

tvwcdbv 見城徹社長について思うこと https://t.co/bCTSCQY5iB 見城は「顰蹙は金を出してでも買え」と繰り返してきたが、実際に顰蹙がいくつもぶつけられると、一目散に逃げてしまうようなのだ。 23日前 replyretweetfavorite

nao_soul 見城徹社長について思うこと https://t.co/PbMiWs9f7g 23日前 replyretweetfavorite