ノーベル経済学賞の受賞続々 他を圧倒するゲーム理論系

コンピューターの父と呼ばれるフォン・ノイマンが創始したゲーム理論。その存在感を飛躍的に高めたのは、やはり天才数学者のジョン・ナッシュだった。1994年にノーベル経済学賞を受賞している。

 「グーグルも目を付けた価格メカニズム 先端のオークション活用法」の第二価格オークションを考案し、オークション理論を切り開いたウィリアム・ヴィックリーは、2年後の96年に同賞を受賞したが、通知の3日後、心臓発作で亡くなる不幸があった。

1996年受賞のウィリアム・ヴィックリー。オークション理論を切り開く

 その後も、2005年にロバート・オーマンとトーマス・シェリングが同時受賞、07年にはメカニズムデザイン理論の礎を築いたレオニード・ハーヴィッツ、発展させたエリック・マスキン、ロジャー・マイヤーソンが同時受賞するなど相次いだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年8/4号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-07-30

この連載について

初回を読む
仕事で使える! ゲーム理論入門

週刊ダイヤモンド

お客、取引先、ライバル企業、上司、部下……、さまざまな関係の中で私たちは生きている。相手がどう出るかを読み、いかに的確に行動するか。ビジネスの現場はそうした意思決定の連続だ。ゲーム理論はそれをゲームに見立て科学する。仕事で成果を手に入...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード