踏んではいけない男の地雷 10選(2)

「真剣に愛したいのに、うまく行かない」……。恋愛には、いくつもの罠が仕掛けられています。その秘密を、元ホストクラブのオーナーとして5000人以上の女性の悩みに答えてきた悲恋改善アドバイザーであり、「本当の彼氏のつくりかた」の著者、藤本シゲユキさんが解き明かします。 目の前の恋愛がホンモノなのか迷っている女性のみなさん必読の恋愛指南。 本当の彼氏のつくりかた、伝授します!

6・泣きわめく 危険度★★★☆☆

 「男は女の涙に弱い」と言いますが大嘘です。

 泣かれるとどう対処していいか分からないから「困る」のがほとんどであり、「弱い」わけではありません。

 しかも、「泣く」と「わめく」がセットになると、ただただ面倒くさいし、公衆の面前だと恥ずかしいだけです。


7・突撃 危険度★★★★☆

 アポなしで急に家に来られることですね。


 とくに彼と連絡が取れなかったり、最近の態度が冷たかったりするからといって、いきなり家に押しかける女性がたまにいますが、超怖いです。

 「コイツはちょっと何かあるだけでこうやって家に来るのか」と軽くストーカー認定されて一気に印象が悪くなりますね。


8・マウンティング 危険度★★★☆☆

 自分の能力が相手よりも上だと誇示することです。


 とくに女性側が男性よりも社会的地位や収入が上の場合、「マウンティング」をかまされるとそこで劣等感やコンプレックスを抱いて萎縮してしまうことが多いですね。

 たとえ彼よりアナタの能力が上でも、それをひけらかすことはかわいげのなさにつながるので注意しましょう。

 ちなみに、「マウンティング」しているつもりではないのに、男性が卑屈になる場合があります。

 僕はこれを「無意識マウンティング」と呼んでいるのですが、女性にとっては単なる日常のことを話しているつもりでも、相手の男性からすると「住む世界が違う」とか「俺よりすごいことやってんだな」と思われることがあるんですよね。


9・疑う 危険度★★★★★~

 彼が怪しいからといって疑心暗鬼になり、浮気の容疑をかけまくる。

 とくに一度彼の浮気がバレている状況であれば、つい疑いたくなるのも分かります。

 しかし、疑い続けるという行為は「責める」と「束縛」がセットになりやすく、場合によっては「泣きわめく」も追加されます。

 そのとき、危険度数は5つでは済まなくなるでしょう。


10・試す 危険度★★☆☆☆

 彼の愛情をたしかめようと「もう別れる!」と言ったことのある女性は多いのではないでしょうか。

 この行為を繰り返していると最初は引き止めてくれていたのが、だんだんと疲れてきて「うん、分かった。別れよう」と言われることも多いです。


 ほかにも、駆け引きを使って相手を振り向かせようとする女性がいますが、これも「試す」に分類されまして、なんとも思っていない女性から駆け引きされても「おまえなんかどうでもええわ。値打ちこくな」というのが男の本音です。


 以上が、地雷行為10選になりますが、中には好きな男性に対して地雷を踏みまくった過去を思い出し、ドキッとした女性もいらっしゃるかもしれませんね。

 中でも、「責める」「疑う」「束縛する」、この3つは超危険なんです。


 この3つがセットになると、男性は高確率で別れを意識するようになっていきます。

 僕も経験がありますが、この3つの地雷を踏みまくった女性が、たとえ接し方を改善して僕のそばに居続けたとしても、僕の愛情が戻ることはなかったでしょう。


 では、男性の地雷を踏みまくって嫌われた女性はどうすれば関係を改善できるかというと、可能性があるのだとしたら、離れることでしか関係性は好転しません。

 逆の立場になって考えてみてください。

 たとえば、アナタに対し地雷を踏みまくっていた男性がいて、すっかり冷めてしまったとします。

 そしたら、ある日を境に急に手のひらを返したような接し方をしてくるんです。


 怖くないですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

真剣に愛したいあなたへ

本当の彼氏のつくりかた

藤本シゲユキ
廣済堂出版
2018-11-01

この連載について

初回を読む
本当の彼氏のつくりかた

藤本シゲユキ

「真剣に愛したいのに、どうしてもうまく行かない」……。 恋愛には、いくつもの罠が仕掛けられています。その秘密を、元ホストクラブのオーナーとして5000人以上もの女性の悩みに答えてきた悲恋改善アドバイザー、「本当の彼氏のつくりかた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shin_419 #スマートニュース 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

moxcha 連載タイトルも記事タイトルもヤバイと思ったけど予想通りだった。逆に予想通りすぎて面白みもなかった。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite