缶詰を掘り尽くし、震災前の商品が続々と復活

東日本大震災による大津波は、宮城県石巻市にあった木の屋石巻水産の工場を壊滅させました。掘り出された缶詰は、東京・世田谷の経堂に運ばれ、商店街の人々の協力で磨き上げられ、1缶300円で販売されました。「希望の缶詰」と呼ばれたその缶詰は、人と人をつなぎ、全国に広がり、洗われ、販売され、工場再建のきっかけとなります。 震災で希望を忘れなかった人と、手と心を差し出した人情商店街の人々がつながった感動の物語です。(バナーの写真:佐藤孝仁)

 6月に残り2、3万缶と思われた泥の中の缶詰だったが、枯渇することなく週に1万個以上のペースで掘り出され、8月末には、ついに掘り尽くされた。その後、10月末に洗い尽くされ、12月末に売り尽くされる。最終的に合計22万缶が、1缶300円で義援金と交換され、社員の生活費や石巻市への義援金となった。

 この一連の流れを通じて、木の屋にもたらされたのは、次の2つだった。1つは、震災前に製造した商品を元に利益を上げられたこと。次に、作業のために社員が戻って来て、現場のチームワークを復活できたこと。あたり前のようだが、会社というものは「儲けてなんぼ」であり、「人と組織」があるから機能する。木の屋は、震災後数ヶ月にして、会社の土台を取り戻したことになる。

 2011年も終わりに近づき冬になると、他社の工場の協力を得て、震災前の商品が復活しはじめた。「岩手缶詰」の岩手町工場では「鯨大和煮」を皮切りに「長須鯨大和煮」「鯨須の子大和煮」が、下関の「東冷」では「鯨ベーコン切り落とし」の製造が開始された。2012年秋には、「三洋食品」石巻工場にて、サバ缶の製造がはじまり、製造ラインには、木の屋の社員も入った。

 商品開発担当の松友さんは、「木の屋カフェ」の運営のかたわら、協力工場に出張をくり返し、レシピの復活に尽力していた。

「取引先に提出していた商品仕様書や、タレ作りの担当者、経験者の記憶をたどって、手探りで、一つ一つレシピを復旧しています」そんな地道な作業の甲斐もあって、工場はないながらも、新しい缶詰の製造がスタートしたのだった。

グラフィックデザイナーの佐藤卓さんが

ロゴを制作!

 ガレキと泥の中から掘り返して洗った金色の缶詰は、不思議な魅力が宿る物体だった。津波という修羅場をくぐり抜けたせいなのか、掘り返した人、洗った人の思いが込もっているからか、一つ一つに比類のない力強さと美しさがあった。

 木の屋の支援には、そんな缶詰そのものに魅せられて参加する人も少なからずいた。2011年6月、後藤さんから聞いた話は、とても印象深かった。

「昨日、仕事の打ち合わせで佐藤卓さんに会ったんですよ」と後藤さんは、いつもながらの人懐っこい笑顔で切り出した。佐藤卓さんは、日本のデザイン界の第一人者で、当時、Eテレの「にほんごであそぼ」も話題で、NHKテレビ総合の「プロフェッショナル」にも取り上げられている。

「打ち合わせが終わって雑談していた時に、カバンに入れていた洗った缶詰を見てもらったんですよ。そしたら卓さんが、大きく凹んだ缶詰を握って、『はじめて津波をリアルに感じた』と言ってくださって。その言葉がとても印象的で」聞いている私にも何かが伝わってきた。後藤さんは、その後、金色でラベルのない缶詰にまつわるストーリーを佐藤卓さんに話したという。

「震災前からの経堂とのつながりのことから、津波のこと、掘り返して経堂に持ってきて洗ってきたこと、ひととおり話したら、深いところで感じてくださったみたいで」当時、松尾貴史さんのレトルトの鯨カレーのパッケージを考えはじめる時期に差しかかっていた。

「佐藤卓さんにデザインをお願いするのは難しいでしょうか?」と、無理難題を承知で言うと、後藤さんは、しばらくの沈黙のあと、「そうなると素敵だね」とだけ答えた。しかし、佐藤卓さんといえば、「明治おいしい牛乳」のパッケージなど、その仕事は広く知られているものばかりで、今回のデザインを引き受けてくれるのは難しいだろうと思えた。それでも後藤さんは、こう言ってくれた。

「卓さんのところのデザイナー、日下部昌子さんが友だちだから、相談してみるよ」

 そして数日後、後藤さんから連絡があった。

「卓さんが木の屋さんのことに興味を持ってくれてるそうなんだよ。一度、松友さんと一緒に銀座の事務所に行ってみようか?」そのことを松友さんに告げると、信じられないという目をして頷いた。

 翌週、銀座の佐藤卓デザイン事務所に、後藤さんと私、松友さんの3人で伺うと、佐藤さんは、日下部さんを伴って、アットホームな雰囲気で出迎えてくれた。

「経堂で活動されてるんですね。学生時代、ロックバンドをしていた時、スタジオに行ったことがありますよ」と、経堂の話も切り出し、緊張している私と松友さんをリラックスさせてくれた。松友さんが鯨のレトルトカレーの話をはじめると、佐藤さんは真剣に聞き入り、両手を組みテーブルの上を見つめていた。そこには、金色に輝く缶詰があった。

 松友さんのプレゼンが終わったあと、10秒ほどの沈黙があり、佐藤さんの口がゆっくりと動いた。

「これは、やります」重みのある言葉だった。

「ありがとうございます!」松友さんの声が部屋に響き渡った。後藤さんと私も、興奮気味に続いた。佐藤卓さんが協力してくれることになったのだ。

 それから暑い夏を挟んで、デザイン仕事が進行した。レトルトの鯨カレーは、後藤さんがコピー一式を担当して、「石巻鯨カレー」というネーミングの商品となった。仕上がったパッケージデザインは、力強いイメージの鯨の黒に、迫力のある白い筆文字の商品名が浮かび上がり、盛りつけ例の写真が食欲をそそる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

過酷な震災にも希望を忘れなかった人々と、手と心を差し出した人情商店街の感動の物語

この連載について

初回を読む
蘇るサバ缶〜震災と希望と人情商店街〜

須田泰成

東日本大震災による大津波は、宮城県石巻市にあった木の屋石巻水産の工場を壊滅させました。掘り出された缶詰は、東京・世田谷の経堂に運ばれ、商店街の人々の協力で磨き上げられ、1缶300円で販売されました。「希望の缶詰」と呼ばれたその缶詰は、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

guriswest 毎回号泣 6ヶ月前 replyretweetfavorite