物流クライシス

ロイヤルとリンガーハット 外食異例の共同配送で提携

外食大手のロイヤルホールディングスと、長崎ちゃんぽんチェーンのリンガーハットが、共同配送の取り組みをしていることが分かった。外食では異例となる物流での協業の背景とは。

 「一緒に物流をやりませんか」

 ロイヤルの菊地唯夫会長とリンガーハットの米濵和英会長が会食の中でそんな言葉を交わしたのは、2016年末のことだった。共に日本フードサービス協会の会長を務めたことのある二人。外食業界全体の危機感と責任感を強く持っているトップ同士だからこそ、手を取り合うことにためらいはなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年5/26号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-05-21

この連載について

初回を読む
物流クライシス

週刊ダイヤモンド

ヤマトのアマゾン切りで始まった物流の混乱は、収まる気配がない。混乱の舞台は、ネット通販などの宅配サービスだけではなく、産業全体にも広がりを見せている。配送料の高騰や物流網の寸断が企業活動のボトルネックになりつつあるのだ。個人も企業も巻...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード