砂糖の力でしっとり!新ジャガイモとアボカドのサラダ

連載50回目は、旬の新ジャガイモとアボカドのサラダ。新ジャガイモを茹でて材料を混ぜ合わせるだけ。簡単につくれてハムを添えたりアレンジも自由自在です。ジャガイモを砂糖と一緒に茹でることで、しっとりした仕上がりになります。

新ジャガイモを使ったシンプルなサラダです。ジャガイモを料理する場合、皮むきが手間なのですが、皮ごと食べられる新ジャガイモならよく洗うだけでOK。

ジャガイモの細胞壁はペクチンという成分で繋がっているのですが、新ジャガイモに含まれている成分はその前身であるプロトペクチンが多いのが特徴。このプロトペクチンは水には溶けないので、加熱をしてもホクホクにはなりません。つまり、新ジャガイモは潰すタイプのポテトサラダには不向き、ということです。

今回は新ジャガイモを適当な大きさに切ってから茹でます。ペクチンが水に溶けないということは煮崩れにくいということなので、茹ですぎても大丈夫。おおらかな気分でつくってみてください。新ジャガイモを使うとサラッとした口当たりになり、これはこれで今の時期にはおいしく感じられるはずです。

今回のポイントはジャガイモを〈塩と砂糖〉で茹でること。砂糖の力で冷めてもしっとりとした状態をつくります。組み合わせたのはねっとりとした食感のアボカドと辛味のあるスプラウト。三位一体のおいしさです。


新ジャガイモとアボカドのサラダ

材料(2人前)

新じゃがいも…3個〜4個(350g程度)
水…1L
塩…10g
砂糖…10g

アボカド…1個
ブロッコリースプラウト…1パック(他の種類のスプラウトやかいわれ大根1パックでも可)
米酢…大さじ1
醤油…大さじ1
オリーブオイル…大さじ2
黒胡椒…適量

作り方

1.新ジャガイモはよく洗い、皮ごと半分に切ってから、7mm〜8mm厚に切る。鍋に水1Lと塩10g(1%)、砂糖10g(1%)を溶かし、ジャガイモを入れて強火にかける。沸騰したら弱火に落として7〜8分間煮る。串がすっと刺さるくらいになればOK。(Tips1 塩と砂糖で茹でる理由)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載やnoteの記事をベースに、書き下ろしレシピも加えた『新しい料理の教科書』が好評発売中です。ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを家庭でいちばんおいしく作る方法をご紹介しています。

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

naoya_foodlab このあいだキュウリ─キウイ─ミントのサラダをnoteに書いたけど、こちらも組み合わせを楽しむサラダ。新ジャガイモ─アボカド─スプラウトも なかなかいい関係の素材か、と。https://t.co/oAg8B88Cfo 3ヶ月前 replyretweetfavorite