​若者がおじさんから聞きたい話、聞きたくない話

おじさんとは得てしてお話をするのが大好きなもの。それでも若者からは、好かれるおじさんの話と、嫌われる話というのが存在するそう。若者はおじさんから何を聞きたいのでしょうか?

「あの頃は良かった」話はみんな嫌い

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

『LEON』で美人にインタビューする連載をしているのですが、僕、今49歳なので、彼女たちがおじさんに飲みに誘われることについてどう考えているのか知りたくてよく質問するんですね。

彼女たち、高級なお店や予約が取れないお店に連れてってもらえるのは、嬉しいことは嬉しいけど、そういうのは行き慣れているからそこまで求めてないそうなんです。それよりも、「どういう話が聞けるか」っていうのが大きいらしくて、要するに「自分のこれからのキャリアのためになる、面白くて楽しい話」が聞けるのならおじさんとはぜひお食事に行きたいそうなんです。

それってどういう話題なのか、もう少し突っ込んでみました。経験値の高い大人ならではの話って「世の中の仕組み」なんです。例えばベンチャー企業の役員が「上場するっていうことは~」って話をしたり、芸能関係の人が「〇〇の事務所は△△に対して力を持っていて~」っていうようなものまで、裏の裏まで知ってて、「だからあの社長はこういう投資をした」とか「だからこの人は有名になれない」といったことを解説できたりすると「面白い」って感じるようです。

あるいは、飲食店での作法も勉強になるようで、「こういうお店ではカウンターの中の人たちにご馳走する」とか「そのお店が満席になってきたら、河岸を変える(別の飲み屋に移動することです)」とか、そういう大人ならではの「たしなみ」がすごく面白いそうです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sideburnzz 会員以外は途中までしか読めないんですが超同感。自分が話したい話ばかりして勝手にいい気持ちにならないようにしよう…💧あとたまに「その話、前も聞きましたよ」と言われて消えたくなる😢 https://t.co/9zVagwhybE 27日前 replyretweetfavorite

atik1710 なるほど! 若者がおじさんから聞きたい話、聞きたくない話| 30日前 replyretweetfavorite

ajinomoto_umasu 外でのかじった知識よりも、自分の体験談が一番面白いって話。いいね。*若者がおじさんから聞きたい話、聞きたくない話|林伸次 @bar_bossa | 30日前 replyretweetfavorite

natsukok89 生まれた年代関わらず、飲みの会話で覚えておきたい(おいてほしい)スタンスについて、本質的なことが書かれている、と思いました🤔 約1ヶ月前 replyretweetfavorite