九螺ささら「きえもの」

九螺ささら「きえもの」【ゴーフル】

「死んだら、埋めて下さい」
何か言付けられているのかと考えた。
――電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

 薄く白い昼間の月を焼き上げたゴーフルは儚く割れて香る



 夏目漱石の『夢十夜』の朗読CDを買った。

 早速聞くと第一夜は、女のセリフだけ女優が演じていて、他の声は男性の元アナウンサーだった。その女優は最近亡くなった。死因は公表されなかった。

「死んだら、埋めて下さい」

 そこで涙が出た。

 その女優の大ファンでもなかったのに。

 女優はゴーフルのCMに出ていた。

 テレビ画面では女優の笑顔の周りでゴーフルがくるくる回っていた。

 彼女の訃報が出たとたんCMは流れなくなった。

 追悼するような気分で初めてそのゴーフルを買った。

 食べるとこめかみ辺りで「死んだら、埋めて下さい」と声がする。死んだ女優の声だ。噛むのをやめると声はやむ。また噛み出すと「死んだら、埋めて下さい」と声がする。気のせいかと思い直してゴーフルを噛まずに舌を上顎につけて溶かすようにして食べた。すると女優の声はしなかった。

 何か言付けられているのかと考えた。

 そんな思いでまたゴーフルを食べる。やはりこめかみ辺りから「死んだら、埋めて下さい」と聞こえる。

 雲のない、真円の月光が眩しすぎる真夜中、わたしは彼女の墓の後ろの土にゴーフルを埋める。彼女がCDで訴えていたように、大きな真珠貝で穴を掘って。天から落ちてくる星の欠片を墓標に置いて。そうして、墓の傍で待っていた。自分の意志というより、磁場のような下からの力に押し留められて動けなかった。

 日が出て、日が沈み、日が出て、また沈んだ。

 次に月が真円になった真夜中、ゴーフルを埋めた場所からCDが生えてきて、その銀色は光速で月に達した。

 銀色の軌跡はトンネルになり、中を女優の歌声が、楽しげに行ったり来たりし始めた。



 明け方の金星は緞帳の鋲取れると劇は終演になる


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歌人・九螺ささら「きえもの」一挙15篇収録。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.54(2019年2月号)[雑誌]

三谷匠衡,macho,今祥枝,小林勇貴,武内涼,花房観音,武田綾乃,最果タヒ,東川篤哉,朱野帰子,寺地はるな,結城充考,乾緑郎,吉野万理子,青柳碧人,九螺ささら,門井慶喜,ふみふみこ,荻上チキ,円城塔,平原卓,橋爪駿輝,渋谷直角,カレー沢薫,恒川光太郎,柳瀬博一,新納翔,國友公司,新井久幸
新潮社
2019-01-18

この連載について

初回を読む
九螺ささら「きえもの」

九螺ささら /新潮社yom yom編集部

初の著書『神様の住所』がBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した歌人・九螺ささらによる、短歌と散文が響き合う不思議な読み物。電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません