俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

引退まであと僅か! “日本一のキャバ嬢”エンリケの接客を名古屋で体験した!

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!

 いよいよ元号が変わり、令和一発目の俺の夜を任されたスパムです。新時代の幕開けにふさわしい夜遊びとは……と思案していたところ、ふと寄った書店で一冊の本が目についた。それは3日で2億5000万円を売り上げ“日本一稼ぐキャバ嬢”の称号を得た、エンリケこと小川えりさんの著書『日本一売り上げるキャバ嬢の指名され続ける力』(KADOKAWA)。

 今年の11月末で夜の世界から引退すると発表している彼女だが、それだけに所属する名古屋のお店には、全国からお客が殺到しているらしい。彼女の何がそこまで男たちの心を惹きつけるのか。新幹線に飛び乗り名古屋へと向かった。

特別感がクセになるエンリケ空間とは?

 やって来たのは名古屋の繁華街・錦にあるキャバクラ「アールズカフェ」。名古屋らしい煌びやかな内装だ。日本一のキャバ嬢は多忙につき他のお客さんを接客中。そこでまず接客してくれたのは、同僚だけど“エンリケ信者”だという、あおいさんとりこさんだ。

あおい「テレビでえりさんを知って、『一緒に働きたい!』と思ったんです。両親も、『人生勉強しておいで』って許可してくれました」

りこ「私はもともとお客さんだったんですよ。接客されてるうちに一緒に働きたくなっちゃって。えりさんの仕事の早さと気遣いは、とてもマネできないですね」

 乾杯をしながら、エンリケさんの凄さを実感するスパム。彼女が着くテーブルを見ていると、高級シャンパンが次々と空き、その様子をスマホで撮影している。これがあのインスタの裏側か! 感激しているスパムの席に「お待たせして、すみません~!」と、ついにエンリケさんが登場。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード