第2回 リーダーは「3つの悪習」を根絶せよ

みんながバラバラ、なんとなくやる気が出ない、責任感がない…そんな空気が蔓延し、崩壊一歩手前のチーム。身に覚えがあったりしませんか? まずは、いま多くの現場で見られる「組織の悪習」を整理して、リーダーがすべきことを探っていきましょう。
PHPビジネス新書『できるリーダーは部下の「感情」を動かす』から、そのエッセンスを紹介します。


チームを崩壊に導く「3つの悪習」

 高いEQを持ったリーダー、すなわち「個々の潜在能力を引き出し、個の力を集団の力にまでまとめ上げる」リーダーになるためにはどうしたらいいか。
 それが本連載のテーマですが、そのお話をする前に、いまの日本の組織全体がいかに「心の知性」を見失っているかという話から始めたいと思います。
 実際、現在の職場には、この「心の知性」がないゆえに、数多くの問題が起こっているのです。

 いきなり脅かすようで恐縮ですが、組織が崩壊に向かう「3つの悪習」というものがあります。何だかおわかりですか? 正解は、次の3つです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
できるリーダーは部下の「感情」を動かす

田辺康広

ジョンソン・エンド・ジョンソン、シェラトン、米軍海兵隊など米国の一流の組織では「心の知性」=エモーショナル・インテリジェンスを高めることで劇的に成果をあげていったが、日本ではその事に注目している企業は少ない。これからのリーダーが備える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

PHP_Business 本日13:05まで無料で読めます!cakes連載・崩壊する組織に共通する3つの悪習とは? cakesで好評連載中のPHPビジネス新書『できるリーダーは部下の「感情」を動かす』の 5年弱前 replyretweetfavorite