会社というツールをどう活用するか

小野直紀さんと三浦崇宏さんによる『会社を使い倒せ!』刊行記念トークイベント第2回。会社を自分の能力を最大化するためのツールととらえた時、どうすればそれを使い倒すことができるのでしょうか? そのためには会社を理解することが大事だと、お二人が自身の体験談をまじえて語ります。cakesにて公開中の本編とあわせてどうぞ!(司会:ブックライター上阪徹)

大きい会社は、必ず時代よりスピードが遅い

—そんななか、三浦さんは会社を辞められたんですけど、なんで辞めたんですか?

「遊ぶ金欲しさ」で独立したと嘯くThe Breakthrough Company GO代表・三浦崇宏さん

三浦崇宏(以下、三浦) いやもう遊ぶ金欲しさですよ。

小野直紀(以下、小野) (笑)

会場 (微妙な反応)

三浦 嘘だよ!(笑) ダメだよ、そんな遊ぶ金欲しさで独立とか! まあいいんだけど別に。嘘じゃないし(笑)。ひとつ違ったのはスピード感ですね。僕が今やっていることは、クリエイティビティをもって、クライアントさんの事業開発とか、新規事業とか、事業成長に関して、きちっとコミットしていくこと。それを一刻も早くトライアルして、一刻も早く失敗するなら失敗して、それを繰り返して成長していくんです。 成長ってトライアンドエラーの数でしかないから、一刻も早くトライアンドエラーたくさんしたいんです。僕、せっかちだから。あとは博報堂の中よりも、もっといいチームを集められる自信があったんで、さくっと辞めちゃいましたね。

—三浦さんが辞めたのは、会社ではショックはあったんですか?

小野 あ、辞めるんだーと思って。ただ、辞めた当時、三浦さんは社内では目立ってたけど、世の中的には、こう言っちゃなんだけど、まだ何者でもなかったほうで。

『会社を使い倒せ!』の著者・小野直紀さん

—三浦さんに何が起きたんですか?

三浦 何が起きたかって、僕は変わってないんです。まず大企業とスタートアップって何が違うかって、資本とか、いろいろ切り口はあるんだけど、すごいシンプルに言うとスピードなんですよ。 大きい会社っていうのは、必ず時代より遅いんです。なぜならば、事故ってはいけないから。会社の規模が大きければ大きいほど、時代とのスピードはギャップが生まれるんです。それは正しいこと。なぜならば絶対に間違っちゃいけないから。大企業が間違えると、停電とか起きるから。遅い=間違えないってことだから、検証に検証を重ねて。で、時代のスピードのが速いんですよ。だから、僕が考えてることは時代のスピードには合ったけども、会社のスピードには合ってなかったっていうことですね。


3億円マグロのプロモーション効果

—そして広告プロモーションのあり方も変わった、と。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全国書店にて好評発売中! 注目の博報堂クリエイティブディレクターによる、会社を辞めずに「やりたい」を仕事にする方法!

会社を使い倒せ! (ShoPro Books)

小野 直紀
小学館集英社プロダクション
2018-12-20

この連載について

初回を読む
会社を使い倒して自由に働く—小野直紀×三浦崇宏対談

三浦崇宏 /小野直紀

広告会社でモノづくりをするという異色のプロジェクトを実現した博報堂・小野直紀さんの著書『会社を使い倒せ!』。刊行を記念して行われたトークイベントの模様を公開します! ゲストにお迎えしたのは、2017年に博報堂から独立し、飛ぶ鳥を落とす...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません