アリェイラの故郷、山羊との遭遇、満席ステーキハウス

「ポルトガル食堂」の連載でもお馴染みの馬田草織さんの最新刊『ムイト・ボン!ポルトガルを食べる旅』を今週から特別公開。今回は、山あいの村の人気レストランや自然豊かな国定公園へ!

2章 トラズ・オズ・モンテス ミランデーラ

アリェイラの故郷

 そういえば、腸詰の作り方は聞いたがまだ食べていない。アヤ達も通うというレストランが、アリェイラで有名なミランデーラ村にあると聞き、連れて行ってもらった。

 ディナーにはまだ早い8時頃、車を止めて『タベルナ・ド・ラルゴ』の扉を開くと、静かな店内には整えられたテーブルが数卓並び、飾り棚には使い込まれた皿や道具、鍋やピッチャーなどが飾られ、家庭的で簡素だが趣味がいい。すぐに男性が来て、席を案内してくれた。

「今日はこのあと団体客が大勢で来るので、先に注文を伺いますね」  店主おすすめの、豚肉とアリェイラのグリル、付け合わせはグレロッシュという菜花のオイル蒸しをお願いする。待っている間に、できたら厨房をのぞかせて欲しいと尋ねると、

「どうぞどうぞ、料理は妻が作っていますので」と案内してくれた。

 シンプルで清潔な厨房では、女性が一人で料理をしていた。まるまるとした鶏のグリルはこんがりと焼き上がった様子。調理場の上には、いい飴色に仕込まれたアリェイラが何本も下がっている。私がこのあと食事でいただくのは、きっとあの中のどれかだ。

 聞けば、シェフのマリア・フェルナンダは、9歳の頃から料理を始めて50年以上経つという。村で人気のレストランで母親が料理を作る姿を見て育ち、自分も自然とこの仕事を選んだ。「料理って面白いから飽きないの」と話すマリアは、話しながら決して手を止めない。

「うちはこの近くで鶏や豚を育てたり、畑で野菜も育ててるの。オリーブの木もあって、オイルも自家製。大抵の食材が自分達で手掛けたものよ。だから自信があるの」

 難しいテクニックよりいい素材ということだ。食材自体に力があれば、料理は自ずと調味も調理もシンプルになる。マリアにこの土地ならではの料理の特徴を聞くと、

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ポルトガルの食への愛がぎゅっと詰まった食旅エッセイ!

この連載について

初回を読む
ムイト・ボン!ポルトガルを食べる旅

馬田草織

人生を変えてしまうような味に会いたい! ポルトガルの食をまるごと味わうコラム満載。家庭のキッチンから街角のレストランやカフェまで、縦横無尽に訪ね歩いた、めくるめく食旅エッセイ!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shcbook 『ムイト・ボン!ポルトガルを食べる旅』cakesでの特別公開版、本日アップしました。今回は、山あいの村の人気レストランや自然豊かな国定公園への旅をお届けします! https://t.co/M1MjZhKPxX 6ヶ月前 replyretweetfavorite

saoribada cakesでの特別公開。今回は、表紙にもなった絶品 6ヶ月前 replyretweetfavorite