結婚をせず、シングルマザーになることを選んだのは、自分勝手か?

晶はシングルマザーになる道を選んだ。自分の責任で。自分の生きる道をまだ満足に選べないユウカは、年だけを重ねた幼稚園児。

「ユウカさん、おかえり。夕飯も出来てるから食べてってね」

市場から帰ってきたユウカと晶に、母セツ子は声をかけた。

「ありがとうございます、セツ子さん。今日持って行った20個のサンドアートは完売しましたよ」

ユウカが嬉しそうに報告すると、

「あら、そう! すごいわね。ユウカさんは、モノを売る才能があるのかもね」

セツ子は満面の笑みで、ユウカを褒めた。

「いやー、それほどでも。セツ子さんの作品が魅力的だったからです」

「ふんっ!」晶は白々しい顔で2人のやりとりを見ている。 もちろん、晶には、「作品が魅力的だった」からでも「ユウカにモノを売る才能があった」わけでもないことはわかっている。

ただ、事前にユウカに今日のことは内緒にしてほしいと言われたから黙っているだけだ。
ユウカにとっては、「沖縄で有名なサンドアーティストSETSUKO」の作品として、半分、だましたみたいな形で、サンドアートを売ったことは、どこかで後ろめたい感情があった。 それは、お客さんに対してもそうだし、セツ子本人に対しても後ろめたさを感じていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません