必修 使える!数学

#12 トヨタ、NECが難題解決で頼った イノベーションを生む数学

未来を先取りしたい企業たちが今、数学の世界にどっと押し寄せている。世界の共通言語である数学は、イノベーションを生むために欠かせない存在になっている。

 6月18日、仙台市の東北大学材料科学高等研究所。日米から選ばれた10人の学生・大学院生たちに、二つの課題が提示された。

 「次世代エネルギーとモビリティプラットフォームのデザイン」
 「産業用IoT(モノのインターネット)向けの信頼性の高い無線ネットワークシステムの構築」

 まるで未来の社会の姿を占うようなテーマで、どう手を付けていいのかさえ悩む難問だろう。この難題を解決してもらおうと、数学を扱う若き才能に頼ったのはトヨタ自動車とNECである。

 この日始まったのは、学生が数学を使って企業が出した課題に取り組む教育プログラム「GRIPS-仙台」だ。
 参加者たちは二つのグループに分かれ、今後約2カ月間にわたって集中的に課題に向き合う。
 学生側の負担は時間だけ。企業は課題を解いてもらう代わりに、滞在費などを支援する。

 GRIPSの元となったRIPSは、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校の純粋応用数学研究所(IPAM)が17年前に始めたプログラムだ。

 米国でこれまで参加したスポンサーは、グーグルやIBM、ツイッター、ウォルト・ディズニー・カンパニーといった大企業や、ロスアラモス研究所、米空軍研究所、ロサンゼルス市警察など一流ぞろい。過去には人工衛星の最適な配置や、警察官と職務質問した相手との会話が激しさを増すタイミングを探る問題が出たという。

 米国で数学を学ぶ学生にとって、RIPSの修了証は就職活動の“勝ち組”を約束するプラチナチケット。昨夏は30人の定員に対して約800人が応募した、超人気プログラムなのだ。

 このRIPSが今回、日本に初上陸した。そして、スポンサー企業として名乗りを上げたのがトヨタとNECなのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年6/30号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-06-25

この連載について

初回を読む
必修 使える!数学

週刊ダイヤモンド

数学が苦手だった人は少なくないだろう。だが、数学が陰の主役として支えるAIやデータ活用などの動きはますます加速し、ビジネスのさまざまな現場に関わってくる。数学という武器は強力だ。そのエッセンスを理解するだけでも、ビジネスマンの強い味方...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード