必修 使える!数学

#3 入門講座1時間目 まずは数式と関数に慣れよう

文系ビジネスマンの苦手ポイントが分かるデータサイエンティスト、堅田洋資・データミックス代表取締役によるデータ分析を学ぶための「数学入門」。その誌上講座を実況中継しよう。

かただ・ようすけ/一橋大学商学部卒業。日本では数少ない米国大学のデータサイエンス修士号を保有。データ分析、事業再生のコンサルティング等、幅広い実務経験を持つ。養成講座の講師も務める。 Photo by Y.W.

 データサイエンスには、難しい数式が付き物。そんなイメージがあるかもしれません。しかし、断言します。そんなことはありません。統計学や機械学習、人工知能といった新しい技術の中で、何が行われているのか。それをきちんと理解してさえいれば、四則演算で十分なのです。

 a、bやx、yが入った式を苦手と感じる方も少なくないでしょう。実際、ある程度出てきます。はっきり言えば、これは慣れるしかない。その上で、こうした式が何を表現しようとしているのか、使いどころはどこなのか、目的と意味合いを知ることです。

 この文系ビジネスマンのための「数学入門」講座のゴールは、このような苦手意識の払拭と数式の意味の理解です。数学的な厳密性はここではカバーしないことを頭に入れておいてください。

 まずは、手を動かしてみましょう。あなたは銀行に100万円を、利率年1%で預け入れました。5年後に利子は幾らになるでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年6/30号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-06-25

この連載について

初回を読む
必修 使える!数学

週刊ダイヤモンド

数学が苦手だった人は少なくないだろう。だが、数学が陰の主役として支えるAIやデータ活用などの動きはますます加速し、ビジネスのさまざまな現場に関わってくる。数学という武器は強力だ。そのエッセンスを理解するだけでも、ビジネスマンの強い味方...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード