終電逃し その2【スズキナオ】

終電を逃す。うっかりってことがほとんどで、それだけその時の飲み会が時間を忘れるほど楽しくて、充実していたってことなんだろうけど。そのあとの絶望ときたら。。パリッコさんに引き続いて、スズキナオさんによる終電逃しの思い出第2弾です。
なんだか気ぜわしい僕たちの毎日には、楽しくて、ちょっとホッとできる「お酒」が必要だ! 本連載はそんなお酒をこよなく愛するあまり、「酒の穴」というユニットを結成してしまったパリッコさんとスズキナオさんが、酒にまつわるアレコレをゆるーく、ぬるーく書いていくリレーエッセイです。過去の連載へはこちらから。

マンガ喫茶かタクシーか、それとも…

先日、当連載でパリッコさんが「終電逃し」というタイトルで、酔って電車に乗り遅れたり寝過ごしたりした時のことを書いていた。


それを読んでいると、遠い昔の出来事として薄れかけていた記憶が、まるでカップ麺にお湯を注いだかのように蘇ってきたのだった。私にもそんなことがあった……。

まだ東京に住まいがあった頃、私は地下鉄の有楽町線沿線に住んでいた。酒を飲んで酔った帰り、なんとか終電には間に合い、あとは自分の家の最寄り駅できちんと電車を降りさえすれば問題なし、というところで、そうはいかずに終点まで寝過ごす、ということが何度もあった。

有楽町線の終点が和光市という駅で、目が覚めるとそこである。今はどうだかわからないけど、その頃の和光市駅前の、しかも深夜1時近くとなると、時間を潰せる場所はそれほどなかった。マンガ喫茶はあったのだが、朝までのパックを利用すると確か2500円ぐらいはかかった気がする。あとはチェーン居酒屋が何軒かあるだけだったような(もっと探し回れば終夜営業しているお店は色々あったのかもしれない)。タクシーに乗るとおそらく4000円ぐらいはかかる距離だと思う。マンガ喫茶が2500円、タクシーが4000円。明日も朝から会社である。この場合どっちを選ぶ……いや、どっちも選ばない。

「2500円あれば明日も飲みに行けるじゃないか」とその頃の自分は考えていた。ここでマンガ喫茶を選ぶとしたら、どこかで一回飲みの機会をガマンしなければ帳尻が合わない。それは嫌だ。それなら俺は歩く!と、いつも歩いて帰ることにしていた。休まず歩き通しでも3時間半ぐらいはかかる。和光市からの暗い夜道、まだ酔いの残った体には長すぎる距離。悪夢のように思い出す。

酔った勢いで

もっと遠くから歩いて帰ろうとしたこともあった。横浜駅の近くで友人と飲んでいた時のこと。友人が飲み会の途中で、最近付き合い出したという彼女を呼び、三人で歓談しているうちに気づけば東京方面へ帰る私の終電の時間が過ぎていた。

横浜に住む友人は「うちに泊まって行きなよ」と言ってくれたのだが、なんだか幸せそうな友達と彼女が急にうらやましく思えたのだろう、「いいわ!俺、歩いて帰るし!」と言ってもう後ろも振り返らず適当に歩き出した。酔った勢い、愚かだ。

横浜からどっちの方に歩いたらどれぐらいで東京に着くのか見当もつかなかったが、もう行くしかない気持ちになっていた。その頃はナビのついたスマホも持っていなかったし、道路標識の文字を頼りに歩いたんじゃなかっただろうか。

だが、歩けど歩けど東京にはたどり着かない。今調べてみると横浜駅から東京駅まで30数キロはあるようだ。1時間歩いたぐらいですぐ疲れ、近くにあった公園のベンチに座ってタバコを吸った。一休みし、再び歩き出そうとした時、公園のゴミ捨て場に「キックボード」が置かれているのを見つけた。車輪のついた細長い板にT字のハンドルが伸びていて、片足でケーンケーンと蹴って進む、あのキックボードである。
捨てられてはいるが、十分に使えそうである。「これで東京までの時間が短縮できるぞ!」と思った。ロールプレイングゲームの中で新しい乗り物が手に入って、その後の移動が一気に快適になるようなあの気分。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリッコ、スズキナオののんだ? のんだ!

スズキナオ /パリッコ

なんだか気ぜわしい僕たちの毎日には、楽しくて、ちょっとホッとできる「お酒」が必要だ! 本連載はそんなお酒をこよなく愛するあまり、「酒の穴」というユニットを結成してしまったパリッコさんとスズキナオさんが、酒にまつわるアレコレをゆるーく、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード