出雲充(株式会社ユーグレナ)vol.3 世界初の屋外大量培養に成功。ミドリムシ、世界にデビュー!?

新卒で入った銀行を1年で退職し、いよいよミドリムシで起業することになった出雲社長。まだ、そのときミドリムシの屋外大量培養技術は、完成していませんでした。生まれ育った多摩ニュータウンでは見たこともなかった「社長」になった出雲さんに、さまざまな出来事が起こります。

会社をつくりたかったのではなく、プールを借りるために起業した

藤野 起業して、会社をつくることになったときに、どういう会社にしたいと思っていましたか?

出雲 いやぁ、それが、私、まったくそういうイメージを持っていなかったんです。というのも、僕の育った多摩ニュータウンというのは……

藤野 またまた登場しました、多摩ニュータウン(笑)(第1回参照)。

出雲 すべてを多摩ニュータウンのせいにするのは申し訳ないんですけどね(笑)。でも本当にあそこは、サラリーマンと公務員しかいなくて、その人たちが似たようなつくりの団地に住んでる画一的な場所なんです。町の隅々まで計画されていて、すごく生活しやすい。パーフェクトな歩車分離が実現しているから、多摩ニュータウンに暮らしていた時は、町のなかで車を見たことありませんでした。

藤野 それはすごい。

出雲 車もなければ、社長も士業の人もいない。私はテレビに出てくるスポーツ選手などは、架空の存在だと思っていたんですよ。というか……火星人?(笑)

藤野 ははははは(笑)

出雲 あれは宇宙から電波がきて放送してるんだと思っていました。だって、多摩にはいませんもん、あんな人。地球には公務員とサラリーマンしかいない(笑)。だから、会社の社長という職業も、僕にとってはだいぶフィクションだったんです。こういう会社をつくりたいというのではなく、法人という名義が必要だったから会社をつくったんです。

藤野 なぜ必要だったのでしょう?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
イケてる経営者が日本を救う

藤野英人

日本株ファンドの「ひふみ投信」で抜群の成績を残しているファンドマネージャー藤野英人氏がイケてる日本企業の経営者にインタビューし、投資家の目線で成長の秘密をひもといていく対談連載。50歳未満の「アニキ編」と50歳以上の「オヤジ編」の2編...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sadaaki ユーグレナ社長 約5年前 replyretweetfavorite

yaiask 14:00まで無料。「業務用のプールはTSUTAYAのCDみたいには借りられない」ってさらっと言うユーグレナ出雲さん、おもしろいですw→vol.3 世界初の屋外大量培養に成功。ミドリムシ、世界にデビュー!?|藤野英人 @fu4|https://t.co/47VsdkjDfi 約5年前 replyretweetfavorite

SALT5LOW ミドリムシ出雲社長の熱い多摩ニュータウンバッシング(棒) 約5年前 replyretweetfavorite

tomoume 多摩ニュータウンに凄い親近感が… つ 約5年前 replyretweetfavorite