こちら、幸福安心委員会です。

第9回 シンジツ・ブロードキャスティング 【緑川初音】そして、今

テロリスト捜査のためにシンジツ放送局に向かった漣と初音。さて、どうやってビルの中に潜入する?
人気ボカロ楽曲「こちら、幸福安心委員会です。」のノベライズ第2弾の発売を記念して、第1弾ノベル『こちら、幸福安心委員会です。』の一部を公開します。

 
 当然だけれども、私たちは受け付け前で、止められた。
 紺色の制服を着た警備員が、両腕を背中の後ろに組んで立ち塞がる。
「君たち、関係者以外は立ち入り禁止だよ。さあ戻って」
「おじさん。僕ら、幸安インターに入るために社会見学してるんだ。学校で、そういう課題が出てさ。これ学生証。ちょっとくらい見せてくれても、いいでしょ?」
「社会見学だって? 見せてみろ。……へえ。中央区第一中学か。名門だな。親戚で一番頭のいい甥っ子も、ここに入学したんだぜ。紹介状やらなんやら、手続きが大変だった、って言ってたなあ」
「なんて名前の子?」
 漣くんは何気なく話しながら、後ろ手にシンフォを操作している。
 スクリーンに指を滑らせ、学校の名簿を開いた。警備員のおじさんが言った名前を、器用に検索。後ろにいた私に、わずかに振ってみせる。私は目をまるくし、でもとっさに、漣くんが言いたいことがわかった。なんとか理解できた。
 

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
こちら、幸福安心委員会です。

wogura /うたたP /鳥居羊

巨大ウォーターフロントにある「みずべの公園市国」。そこは完全で完璧な女王サイレンと呼ばれるAI(人工知能)が統べる国家だ。サイレンは自らの分身である“オンディーヌ”と、市国民のなかから選ばれたエリート集団“幸福安心委員会”を使って市国...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません