tomad(Maltine Records主宰) →増田セバスチャン(アートディレクター/6%DOKIDOKIプロデューサー) Vol.3「アナログの力って何ですか?」

今回のインタビュアーは、インターネットレーベル「Maltine Records」を主宰し、tofubeatsをはじめ新進アーティストたちの作品をリリースし、さまざまなイベントなども精力的に開催しているtomadさん。弱冠16歳でレーベルを立ち上げ、昨年大学を卒業したばかりの彼が、"いま話を聞きたい人"として挙げてくれたのは、原宿のショップ「6%DOKIDOKI」のプロデューサーで、きゃりーぱみゅぱみゅのデビュー時から美術演出、世界観作りなども手がけ、日本の「カワイイ」文化を世界に発信し続けている増田セバスチャンさん。そんな増田さんがこれまで歩んできた道のりについて、tomadさんが聞きました。

アナログの力って何ですか?

Q. きゃりーぱみゅぱみゅは、秋葉原とかで徐々にステップアップしていくアイドルとかとはちょっと違って、突然一気に広がったという印象がありました。ネットなどを通して国内外関係なくフラットにみんなが楽しんでいる状況が衝撃でした。

増田:自分たちからすると段階はしっかり踏んでいて、あとはアイコン待ちという感じだったんです。それまで、原宿のファッションやカルチャーに足りなかったのは音楽だったと思うんですね。例えば、自分ひとりの力ではアナログで1000人くらいを動員するのがいいところですが、そこにきゃりーぱみゅぱみゅというアイコンがいて、音楽と映像があると、拡散のスピードがメチャクチャ早くて、一気に何万という数に広がった。もともと自分たちがやっていることは日本より海外の方が人気があったから、海外への意識は最初から強かったけど、この広がり方は予想外でしたね。いま客観的に振り返ってみると、震災以降、良くも悪くも世界が日本に注目していたタイミングだったからこそ、日本にオリジナルで面白いカルチャーがあるということにも目を向けてくれたんじゃないかなと。


「6%DOKIDOKI PERFECT MOOK」(宝島社)

Q. 6%DOKIDOKIという特定の場所に根付いた活動がある一方で、きゃりーぱみゅぱみゅのようにSNSなどを通してイメージが広がっていくような仕事もあるわけですが、増田さんはインターネットというものとどういう距離感で向き合っていますか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード