いだてん』第17回「いつも二人で」〜クドカンが描く「妻」とは?

脚本・宮藤官九郎、音楽・大友良英、演出・井上剛、大注目のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」第17回「いつも二人で」。1915年、戦争でベルリンオリンピックの開催中止決定居に激しく落ち込む四三(中村勘九郎)。再起するきっかけの影には妻・スヤ(綾瀬はるか)の存在があった。一方、明治神宮にスタジアムを作ることを目標とした治五郎(役所広司)。「駅伝」誕生の物語が始まる……。

〈「いだてん」第17回「いつも二人で」あらすじ〉
1915年、戦争でベルリンオリンピックの開催中止が決定し、選手のピークを迎えていた四三(中村勘九郎)は激しく落ち込む。ふさぎ込む姿を野口源三郎(永山絢斗)らが心配するなか、熊本からやって来た妻・スヤ(綾瀬はるか)が四三の無念を受け止める。夫婦として共に痛みを分かち合い、スヤの愛を力に四三は再び走りだす。四三の再起に刺激を受けた治五郎(役所広司)は明治神宮にスタジアムを作る目標を立てる。やがて彼らは、東京-京都間の東海道五十三次を全国の健脚たちと共に走る構想を思いつく。これが「駅伝」誕生の瞬間だった。



 いつから鳴っていたのだろう。

 気がつくと、かつかつと音が聞こえており、嘉納治五郎が「オリンピックは中止だ。」と告げた。「欧州戦争の長期化により、無期延期! 無念!」 黙ってへたりこんでしまう金栗四三をよそに、音は非情にも鳴り続けている。どうやら、時計の音だ。それにしても、いつから。

 念のため見返してみて驚いた。時計の音は、わたしが気づくよりもずっと前から鳴っていたのだった。四三に話しかけようとする永井道明を制して治五郎が「思い出すなあ、金栗くん」とストックホルムの想い出を語りかける、そのときからもう時計の音はしているのだ。それどころか、「ストックホルムの敗北を経て、君は立派に成長した。レースごとに記録を更新し、ついに2時間19分!」と、四三の最新記録が告げられたまさにそのときに、ぽーんと時計は合いの手のように鐘を打つ。「まさに、脂が乗った状態!」。わたしはこの音響効果を耳に入れておきながら、それを意識で拾うことなく、漫然と見ていたのだった。

 もし時計の音を、緊張を高めるべく使うなら、音響は途中からボリュームを徐々に上げ、耳障りなほどに大きくすることもできたはずだ。しかし、演出はむしろ、時計の音を物差しのようにほとんど一定の音量で鳴らしている。まるで三叉路の標識が、ずっと変わることなく立ち続けているように。わたしは音の変化で音に気づくのではない。意識の変化でずっと鳴っていた音に突然気づく。まるで三叉路で迷うことなく右に曲がってしまってから、あとからそこが運命の分かれ目だったことに気づくように。

駅伝の受胎

 すでに第16回の最後で、魂の抜けたような四三の姿が物語られていたのだが、第17回のこの静かな導入によって、四三の絶望は全く新しくなった。それは徳三宝の力をもってしても、清さんの必死の呼びかけをもってしてもいかんともしがたい。ただスヤの浴びせる冷や水だけが、四三を正気に返らせる。

 そこからのスヤと四三の関係は、これまでと少し違う。消沈した四三に語りかけるスヤは、妻というよりは母親のようだ。その感触の原因はおそらく、次の台詞にあるのではないか。

 帰る?

 帰りますか、あるいは帰りませんか、とこれまでのスヤだったら言っただろう。実際、いきなり団子を食べる四三に、スヤはまずこう言っている。「うまかですか? どぎゃんします? 食べたら、熊本帰りませんか?」  しかしいっかな答えずに団子をかじっている四三に、改めて問いかけるとき、スヤの言葉遣いは変わる。「することなかでしょう? オリンピックののうなったし。帰る?」。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

演出・井上剛と音楽・大友良英との対談も収録!

今日の「あまちゃん」から

細馬 宏通
河出書房新社
2013-12-25

この連載について

初回を読む
今週の「いだてん」噺

細馬宏通

近現代を扱ったNHK大河ドラマとしては33年ぶりとなる「いだてん〜東京オリムピック噺〜」。伝説の朝ドラ「あまちゃん」と同じ制作チーム(脚本・宮藤官九郎、音楽・大友良英、演出・井上剛)が、今度は日本人初のオリンピック選手・金栗四三と、6...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kaerusan 夜も更けてまいりましたので今一度お知らせ。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

tabipaw1 足袋の播磨屋の主人の件、その通りや 「視聴者としては、今はまだその二つのイメージの折り合いをつけているところだ。」 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

hirorin_house たしかに、播磨屋の息子は初対面から7年経っているはずなのに子供の姿のまま……不思議だ~! https://t.co/h5EY5TH69a 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

abesadawo1970 治五郎先生の台詞が「飲み物ちょうだい」じゃなくて「ミルクちょう… https://t.co/NYHqS8oTTL 約1ヶ月前 replyretweetfavorite