静かに潜伏している期間を保障してもらえる環境は、とても大事

「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者・長沼睦雄先生が10代(と、そして大人)に贈る、心の疲れをラクにする方法。朝起きると「また一日が始まる」と、どんよりした気分になっていませんか? 人間関係、勉強、家族、容姿…ストレス社会で生き延びる技術を紹介します。『10代のための疲れた心がラクになる本』をcakesで特別連載!(毎週火曜・金曜更新)

安心、安全な“ねぐら”があるから休める

 体調がすぐれず、「学校に行きたくない」と思うことは、だれしもあるでしょう。
 そのときに「何言ってるの、本当にお腹が痛いの? 仮病じゃないの?」とか「この前もそう言って休んだけど、家で遊んでいたじゃないか」と言われたことはありませんか?
 悲しいですよね。それこそストレスでお腹の痛みが倍増しそう。
 自分の「行きたくない」という言葉を、親がどう受けとめてくれるか、子どもとしては大問題です。
 そこで自分の主張を否定されるのではなくて、「そうか、じゃ、今日は休みなさい」と言ってもらえると、ホッとする。自分の主張が通るという自由が保障されたという安心感と、親が自分を信じてくれているというダブルの安心感があります。

 安心できる環境が自分を支えてくれているのは、ありがたいことなのです。
 10年ぐらいの間ひきこもりになっていた人が、回復してから振り返って言っていました。
「『うざい』『放っておいてくれ』とよく家族にどなっていたんですけど、本当のところは放っておかれたくなかったんです」と。
「まだ行けないのか」「早く何とかしないといけない」とか、そういうことは言われたくない。イライラしてしまう。けれども、完全に放っておかれるのではなくて、情報はほしかったのだそうです。
 その人のお母さんは、日常のことを普通に伝えてくれたそうです。
「今日は寒いなあと思ったら、やっぱり雪が舞ったよ」
「道で小学生のときの同級生の○○君に会った。○○高校に行っていて、部活で吹奏楽をやってるらしいよ。トランペット吹いているんだって」
「お姉ちゃんに彼氏ができたらしい」
 そんな話を、何も答えないその人にただ話してくれていたといいます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

10代、そして大人の方へ。ストレス社会で生き延びる技術を精神科医が紹介。

この連載について

初回を読む
10代のための疲れた心がラクになる本

長沼 睦雄

「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者・長沼睦雄先生が10代(と、そして大人)に贈る、心の疲れをラクにする方法。朝起きると「また一日が始まる」と、どんよりした気分になっていませんか?人間関係、勉強、家族、容姿...ストレス社会で生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません