tomad(Maltine Records主宰) →増田セバスチャン(アートディレクター/6%DOKIDOKIプロデューサー) Vol.1「23歳の頃は何をしていましたか?」

今回のインタビュアーは、インターネットレーベル「Maltine Records」を主宰し、tofubeatsをはじめ新進アーティストたちの作品をリリースし、さまざまなイベントなども精力的に開催しているtomadさん。弱冠16歳でレーベルを立ち上げ、昨年大学を卒業したばかりの彼が、"いま話を聞きたい人"として挙げてくれたのは、原宿のショップ「6%DOKIDOKI」のプロデューサーで、きゃりーぱみゅぱみゅのデビュー時から美術演出、世界観作りなども手がけ、日本の「カワイイ」文化を世界に発信し続けている増田セバスチャンさん。そんな増田さんがこれまで歩んできた道のりについて、tomadさんが聞きました。

23歳の頃は何をしていましたか?

Q. 僕はいま23歳で、7年前にマルチネレコーズというインターネットレーベルをスタートしました。当時は先のことも考えず、同級生と一緒に始めたんですが、そのうちに色んなアーティストが関わってくれるようになり、大学を卒業しても就職せずに現在に至っています。とはいえ、現状これだけで確実に食べていけるほど安定しているわけでもなく、正直将来どうなるのかわからない…。そこで増田さんにまずお聞きしたいのは、僕と同じ年くらいの頃に何を考えていて、将来についてどう思っていたかということなんです。

増田:僕が同じくらいの年の頃は、パフォーマンスアートをクラブや劇場などで色々やっていました。狂ったキャラクター達が檻の中に入って闘ったり、巨大な生クリームのケーキを作ってそこに車ごと突っ込んだり、腐った食べ物を1ヶ月かけて展示するというようなことを、「これが僕の表現だ!」と思ってやっていたのですが、ギャラリストや美術評論家には散々に言われて、落ち込んだりしていましたね。まさに若気の至りというか、勢いだけは凄いということをやっていたけど、まったく食べれなかった。実はいまでも変わっていない部分はあって、仕事としてお金を頂いてやっているものと、自分のクリエーションというものがそれぞれあり、後者の方は湧き出てくる衝動なんかが元にあるんですが、やっぱりそっちはお金にはなりづらい。両者のバランスが取れている人は素晴らしいと思いますし、自分はそれがあまり上手くいっていないんです。



Q
.増田さんは、いまの僕と同じくらいの年齢で「6%DOKIDOKI」をオープンしたと思うんですが、それは大きな賭けだったんじゃないですか?

増田:「6%DOKIDOKI」を始めた95年当時、お店を開くことに対する一般的なイメージは、脱サラのお父さんが喫茶店を開くようなもので、若い世代にはハードルが高かった。それこそサラリーマンが退職金を開店資金にするような感覚だけど、当然僕にはお金がなかったから、お店を出すと決めてからの半年間で肉体労働をして貯めた100万円でマンションの一室を借り、それをお店と言い張ったのが始まりなんです。当時は、そんな大それたことをしようという感じではなく、まずは始めてから考えようという感じでした。こんなのお店じゃないと言われたりもしたけど、逆にそのノリを面白がってくれたり、そこにリアリティを感じてくれた人たちもいたんですよね。

Q. 自伝でも読ませて頂きましたが、ショップをやっていると当然毎月の家賃もありますし、金銭的にかなり大変だったそうですね。

増田:パフォーマンスでは全然食べられなかったけど、お店だったらもっとみんなお金を払ってくれるんじゃないかという思いから始めたところもあったんですが、実際は全然そんなことなくて。しかも忙しすぎてパフォーマンスとか舞台の活動もできなくなってしまい、始めの頃は本末転倒でした(笑)。当初は売り上げゼロの日ばっかりで、お客さんが来ない日もあった。そのなかで家賃を払うために今月はあといくら必要かを計算し、それに合わせて夜にバイトをしていました。でも、自分の中ではそれは当たり前のことで、作品が売れなければ食べられない役者やアーティストと同じで、売れるまではみんなバイトをしていますよね。それはショップをやるにしても同じことだと思ってやっていましたね。

諦めようと思ったことはないですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード