婚期を逃した三十路の女性に外国人がオススメな理由

シングルマザーの晶の母親と、婚期を逃した三十路女のユウカは夜通し語り合うことになった。

晶の母親が「フランス人」と、あっさり笑って答えると、そのまま炒めた魚の肉にかぶりついた。

晶がさっさと食べ終わって、自分の部屋に戻ったあと、晶の母は冷蔵庫から「ワイン」を取り出して、「ユウカさん、イケる口かしら?」と聞かれたので、ユウカは「はい、大好きです」と答えた。

リビングで、中華の残りをツマミに白ワインを飲み始めた。

「最近は、ほんとうに私一人で過ごしていて、飲む相手が欲しかったのよ」

「お母さんはおいくつなんですか?」

「お母さんなんてやめてよ。セツ子でいいわよ。今年で44かな、忘れちゃったわ、年齢なんて。 不思議よね、娘の年齢は忘れないのに、自分の年齢は忘れちゃうんだから」

「35過ぎたら、年齢がよくわかんなくなりますよね。そっから年を取らなくなるというか……、成長しないというか。だから私はこれから年齢を聞かれたら35っていつも答えようと思って(笑)。あ、あ、あ、冗談ですよ。こんなこと本気で言ってると思われただけで大バッシングされそうですから」

「いいのよ、人に何て言われようとさ。じゃあ、私も35でいいわ。笑」

晶の母親のセツ子は、生来、人懐っこい性格の持ち主のようで、ワインの力もあいまって、いろいろと話しだした。

セツ子が晶を生んだのは、25歳のこと。

元々、家庭は教師一家で、両親ともに教師だったセツ子は、大学を卒業すると同時に、地元で小学校教師になった。この家は両親、つまり晶の祖父母が建てたものらしい。 毎日、同じ時間に出て、同じ時間に帰ってきて、家族全員で食事をとる。当たり前だけど、大人になったばかりのセツ子は退屈すぎて我慢ができなくなっていったそうだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません