もったいない」、その考え方が冷蔵庫に悪魔を招く⁉

冷蔵庫の中に悪魔が住みついている人は、「もったいない病」「心配性」「好奇心旺盛」「言い訳やさん」と、大きく4つのタイプに分かれます。
悪魔が住みつく冷蔵庫を天使が舞い込んでくれる冷蔵庫に変えるため、まず自分のタイプを知りましょう。

あなたのおうちの冷蔵庫はどうなっていますか?

タイプ1〈こんな傾向はありませんか?〉

□缶詰や封を開けていない調味料などが冷蔵室に入っている

□冷凍室に大量に保冷剤が入っている

□調味料やドレッシングの賞味期限をあまり意識していない

環境分野でノーベル平和賞を受賞したケニア人女性のワンガリ・マータイさんが注目したことで、今や世界共通のことばになっている「MOTTAINAI」。

「もったいない」は日本発の素晴らしい考え方です。

でも「もったいない」を言い訳にして、逆にゴミを増やし地球環境に悪影響を与えていることも!

そもそも缶詰や未開封の調味料は常温保存できるもの。余計なものを冷蔵庫に入れることで、電気というエネルギー、空間のムダ遣いに!

「捨てるのはもったいない」とせっせとため込んでも、使わなければ結局ゴミになってしまいます。

冷蔵庫は倉庫ではありません。

冷蔵庫に入れなくていいもので場所を取ってしまうと、悪魔は大喜び!

冷蔵庫の正しい使い方を覚えて、不要なものを思い切って処分。
すっきり冷蔵庫で、天使を呼び込みましょう。


タイプ2〈こんな傾向はありませんか?〉

□外出時は、いつも大きなバッグを持っている

□特売やセールを見ると、ストックがあるのに洗剤やトイレットペーパー、シャンプーなどを買い足してしまう

□一泊旅行に、二泊三日分の荷物を持っていく

「ストックがないと不安」という性格の人たちがいます。

災害など、「いざというときのために備える」、その気持ちはとても大事です。

でも「過ぎたるは、なお及ばざるがごとし」。よほど人里離れたところで暮らしているのでない限り、ストックや備えは、〝ほどほど〞で十分です。

ストック地獄にハマってしまうと、余計に不安が募り、「もっと、もっと」という悪循環に。

その結果、冷蔵室も冷凍室も野菜室もギュウギュウ&パンパンで、どこに何があるかわからないという、典型的な悪魔が喜ぶ冷蔵庫になってしまうでしょう。

目の前にある食材を使い切ってからでも、買うのは遅くありません。そもそも調味料などは1日くらい切らしても何の問題もないのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

冷蔵庫片付け術から冷蔵庫一掃レシピまでを楽しく紹介

この連載について

初回を読む
天使が住みたい冷蔵庫・悪魔が住んじゃう冷蔵庫

番場智子

イライラ、面倒くさい、やる気が起きない……。その理由は「冷蔵庫」にあるかもしれません。冷蔵庫はあなたの心の中を表しています。ピカピカにするだけですべてがうまくまわりだす冷蔵庫の魔法を大公開! キレイにするだけで、心も体も健康に!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません