ケイクス通信

GW限定! cakes人気連載を無料大公開!

ゴールデンウィークはcakesの人気連載を楽しんでみませんか? マンガ、エッセイ、小説、ビジネス、料理など、cakesのオリジナル連載30作品を第1回〜第10回まで無料公開します。5/7の10時まで!

マンガ

鬼の子

ながしまひろみ

夏休み前日。野球部を退部した中学生のみのるくんは、グラウンドで練習を眺める、ひとりの男の子に出会う。思わず「野球の見学?」と声をかけたみのるくんに、男の子は……。みのるくんと男の子、そして周りの人たちとのあたたかな交流を描く、「cakesクリエイターコンテスト」の入賞者・ながしまひろみさんの連載です。

左ききのエレン

かっぴー

天才になれなかったすべての人へ—。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だったが……。 「フェイスブックポリス」で一躍話題になり、「cakesクリエイターコンテスト」で特賞を受賞した、かっぴーさん初の長編マンガです。

おばさんデイズ

まめ

おばさんの日常は、思いもよらぬ笑いにあふれている! 3人の子供を育てる40代のシングルマザー"まめ"さんの身に起こった愉快なできごとをつづる日常系ギャグ漫画です。

まんがのおじさんのまんが

まんがのおじさん

まんがのおじさんによる新感覚ショートまんがです。読み終えたあと、世界が少し違って見えるかもしれません。

豆しば こつぶ

キリ

豆しばの「こつぶ」と飼い主の「キリ」さん。1匹と1人の、笑いの絶えないふたり暮らしを描く、「cakesクリエイターコンテスト」の入賞者・キリさんの連載です。

イラストレーターだけど農業始めてみた

パウロタスク

2018年春、東京から妻の実家がある岩手に引っ越ししたイラストレーターのパウロタスクさん。その日から、義理の母・祖母との同居生活がスタートしたとともに、農業のお手伝いもすることに。生まれて初めての農作業を通じて、田舎ならではの楽しさや農作業にまつわる悲喜こもごもを描いていきます。「cakesクリエイターコンテスト」の入選者、パウロタスクさんによる新連載です!

29歳、ひとりスペイン巡礼800キロの旅

中島悠里

2014年に女ひとりでスペイン巡礼の旅をしたイラストレーター・中島悠里さん。スペイン巡礼とは、聖ヤコブの遺骸が納められている大聖堂を目指して800キロの道のりを約35日間かけて歩くというもの。ハードな山脈超えや、宿にあぶれる危機、友達との別れなどを乗り越えた35日間の珍道中をたっぷりとお届けします。 「cakesクリエイターコンテスト」の入選者、中島悠里さんによる新連載です!

つま先立ちのサンちゃん

たなかれもん

5歳のサンちゃんは、元気な自閉症スペクトラムっ子。サンちゃんの不思議な行動にかくされたヒミツに迫りながら、サンちゃん一家のゆかいな日々をお届けしていきます。 「cakesクリエイターコンテスト」の入選者、たなかれもんさんによる新連載です。

母が死んだら、困る。

あべぴより

これは、少しずつ間違い続けた、私たち「家族」の物語—。今から24年前。青森県で暮らしていた少女・より子は、あったかくて優しい、おばあちゃんの家で過ごす時間が大好きだった。だけど、家に帰ると……。「cakesクリエイターコンテスト」の入賞者・あべぴよりさんの半生を描いたエッセイです。

借金500万マンガ家の、ビンボー脱出作戦

二ノ宮との

千葉でマンガ家として暮らす、二ノ宮とのさんの家計は火の車。不安定な収入に加え、奥さんは極度のお金オンチ。気づけば借金・滞納金の合計額が大変なことに! 現実に絶望しかけたそのとき、救いの手が差し伸べられて……? 「本当にあったお金のこわい話」で「FROGGY×noteお金マンガコンテスト」グランプリを受賞した二ノ宮とのさんの、一家の命運をかけたリアルタイム・レポマンガ。

芸人ですが、このたび人工肛門になりました。

関野四郎(原作) / ふっくらボリサット(作画)

芸人になって今年で10年。お金もないし、彼女もいないけれど、夢を追い続けて地道に活動してきた34歳のぼく。ある日、突然の腹痛に襲われて病院に行くと、あれよあれよという間に緊急手術に。目が覚めると、人工肛門になっていた—。 オストメイト(人工肛門・人工膀胱を造設している人)として生活することになった小仲巧也さんを描いたコミックエッセイです。 (原作:関野四郎、作画:ふっくらボリサット)

女と男と犬とSM

安彦麻理絵

「SとM、どっち?」なんて話題が合コンや飲み会の席で繰り広げられるのはもはや日常茶飯事。今や「SMバー」という存在も広く知れ渡っていますが、実際、SMってどんな世界なのでしょうか?女の生態や本音を赤裸々に描く人気漫画家・安彦麻理絵さんが、女王様の知られざる苦労から、育児で使える「エス技」まで切り込んでいきます!

ロンドン暮らし、恋暮らし。

下窓まめ子

マリーは、今日からロンドンの「王立アート大学」で作曲を学ぶ学生。登校初日、学校へ行くバスがわからず困っていると、突然イケメンに声をかけられて……。第二回「コルク×noteマンガコンテスト」でcakes賞を受賞した下窓まめ子さんが、ロンドンのシェアハウスで暮らす人々の生活を、美しい筆致と色彩で描きます。

友だちはいるけれど

冬川智子

学生時代はすごく仲が良かったのに、いつの間にか疎遠になってしまった女ともだち。当時とっつきにくかったけれど、ひょんなきっかけで腹を割って話せるようなった男ともだち。そんな「あの頃」と「今」で変化してゆく心の触れ合いを、『マスタード・チョコレート』の冬川智子さんが繊細に描きます。cakesオリジナル連載です。

ミリオンドール

世はアイドル戦国時代。小さなライブハウスで歌う「地下アイドル」や、地方で活動する「地方アイドル」は星の数ほどいた。引きこもりの「すう子」は、そんなアイドルが大好きな女の子。ある日、リア充の姉に連れ出されたショッピングモールで、3人組のアイドル「イトリオ」と出会う—。「ヲタ夫婦」を連載中の藍さんが描く、アイドルとオタクが織りなす群像劇!

ヲタ夫婦 〜アイドルヲタクの結婚生活〜

新婚旅行で訪れた沖縄。南の島できゃっきゃうふふな楽しい思い出を作るはずが……なぜ、夫は私をほったらかしてアイドルを追っかけているんだ!? 女性アイドル好きの著者「藍(あい)」さんと、ガチのアイドルヲタクの旦那さん「ヲタ夫」との結婚生活をつづるエッセイマンガです。

エッセイ・小説

教室では言えない、高校教師の胸の内

海老原ヤマト

現在、都内の某私立高校で教師をしている海老原ヤマトさん。年齢は30代前半ですが、教員免許をとったのはつい2年前のこと。先生になる前は、メディア業界で働いたり、海外留学したり、雑多な仕事をこなしながら世の中を渡り歩いてきたのだそう。そんな社会経験豊富な新米教師の海老原さんが見た、教室や職員室のリアルな現場をお届けします。 第1回目は、赴任1年目の2学期に、いきなり海老原さんに「タメ語」を使うようになった男子生徒のお話です。

体重80キロのファッションモデル

藤井美穂

身長163センチ、体重80キロ。現在ロサンゼルスで「プラスサイズモデル」として活躍している藤井美穂さんの身長と体重です。プラスサイズモデルとは、いわゆるぽっちゃりモデル。日本では「デブ」と呼ばれて負け組の人生を送っていた藤井さんが、アメリカで試行錯誤し、ありのままの自分の身体を愛せるようになるまでの道のりを綴ります。

結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

仕事もできる、容姿もいい、昔からかなりモテてきた丸の内のOL百鳥ユウカさん(34)。人一倍の結婚願望はありますが、3K(高身長、高収入、高学歴)みたいなことを求めたこともありません。なのに、結婚ができない……現役丸の内OL小説家・菅沙絵が、本気の婚活市場でジレンマに陥る女の悲喜こもごもを拾って、河原に積み上げて供養していく、そんなエッセイ小説です。

小屋ガール通信

吉玉サキ

新卒で入った会社を数ヶ月で辞めてしまい、「自分は社会不適合者」と思っていた23歳の女性が向かった先は山小屋のアルバイト。一度も本格的な登山をしたことのなかった女性が、はじめての山小屋で出会った山の世界とは? 10年間、山小屋で働いていた小屋ガールが、山小屋スタッフの日常や恋愛、人間関係などを綴る1話完結のエッセイです。

こうしておれは父になる(のか)

本人

父親になるってどういうこと? ググっても答えが出ないから自分で書いてみた。ライブやフェスをレポートするのが趣味のネットユーザー、本人さん(@biftech)によるはじめての子育て実況連載がスタートします。

人生の作戦会議!ーなんでも解決しちゃう女、王生際ハナコ

下田美咲

「恋愛がうまくいかない」「仕事で成果が出ない」「自分に自信がない」など、あらゆる悩みを王生際ハナコが解決します! 占いでも、カウンセリングでもない、「人生の作戦会議」とは? cakes人気連載「下田美咲の口説き方」で話題の下田美咲さんによる、あなたの人生が変わるかもしれない小説をお届けします。ケース1は「好きな男性の本命になれない」という江梨子(28歳)のお悩みです。

コラム

ブス図鑑

カレー沢薫

「ブス」は個性なのか、個性的な顔が「ブス」なのか。ともあれ個性が強いのが「ブス」。そんな言われて嬉しくない言葉に正面から向き合い、毒を以って毒を制す、華麗なる「ブス使い」、それが漫画家兼OLで人妻のカレー沢薫さんだ。漫画のみならず、鋭い切り口でコラムも大人気のカレー沢さんが、渾身のブスコラムをここに解き放つ! 分け入っても分け入っても、ブスの山。ブスを見つめる先には、何が見えるのか。今日もどこかで、新種のブスが発見されているようです。

ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けている林さんだから知っているここだけの話。さあ今宵もおいしいお酒とバーテンダーのお話に酔いしれてください。

ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ、ふとした瞬間に感じる違和感。その違和感を問いただすのが「ワダアキ考 ~テレビの中のわだかまり~」です。毎週その違和感を生み出すひとりの人物にスポットを当て、その違和感の元を探ります。

平成が終わる前にアイドルダンスを振り返るプロジェクト

竹中夏海

「アイドル冬の時代」とともに始まった平成時代。アイドルは年を追うごとに多様化、複雑化して、現在は1000組近くのアイドルグループが存在していると言われます。そんなアイドルの変遷と、常にともにあったのがアイドルの「ダンス」。この連載は、ときにアイドルの魅力を引き出し、ときに魅力そのものにもなった「アイドルダンス」を、平成という時代を一区切りとしてまとめるプロジェクト。アイドルをはじめ300組以上の振付を担ってきた振付師であり、なによりアイドルを愛してやまない竹中夏海さんによる壮大な試みです。

ビジネス

こころを使いこなす技術

とくさん

日々の仕事がうまくいかないとき、知識やスキルの不足が原因だと考えていませんか? もちろんそれらの技術も大切ですが、どれほどスキルを持っていても、日々の意思決定を鈍らせる心の問題にうまく対処できないとせっかくの力もうまく発揮できません。Twitterでも人気の「とくさん」が、すべてのビジネスパーソンに向けて「こころの使いこなしかた」をご紹介します。

Dr.ずんずんの社会人お悩みクリニック

ずんずん

自分の会社に不満を抱えている青年、出来内陽太(デキナイ・ヨウタ)。「こんな会社もうやめたい」と日々愚痴っている陽太の前に現れたのは、「産業メンヘラ医」を名乗る謎の女で……!? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で人気の著者・ずんずんさんがお届けする、「社畜」必読の連載です。

料理

スープ・レッスン

有賀薫

スープ作家の有賀薫さんによる、旬の野菜をたっぷり食べるベーシック・スープのレッスン。忙しい人もスープなら鍋ひとつ皿一枚で、手軽に作って食べられます。旬の野菜の特性を生かしてあげれば、最小限の材料でおどろくほど美味しく、お腹にやさしいスープが作れます。

「おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、料理の基本的な考え方・技術が身につく連載です。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ケイクス通信

cakes編集部

ペットボトル1本分の値段で、1週間コンテンツを楽しめるプラットフォーム・cakes(ケイクス)。購読をしようか迷っている方や、購読を始めたけど何を読んでいいか迷っている方のために、cakesの最新コンテンツをご紹介していく無料連載です...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

fukkurabo 実はこの作品だけじゃなくていろいろ無料開放されてるよー! 気づくのが遅かったけどまだまだ間に合う💪👴💪 https://t.co/SOMeoO5TwX 4ヶ月前 replyretweetfavorite

sakujane あとで見ようと。 GW中『スープ・レッスン』も1〜10回目までが無料です。この機会にぜひ! 4ヶ月前 replyretweetfavorite

kaorun6 GW中『スープ・レッスン』も1〜10回目までが無料です。この機会にぜひ! 4ヶ月前 replyretweetfavorite