九螺ささら「きえもの」

九螺ささら「きえもの」【コーヒー】

わたしはエチオピアには行ったことがない。
砂漠があり、紅海の近く、ソロモン王とサバの女王の物語。
――電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

海に降る雪コーヒーにグラニュー糖水面に消える届かぬ思い



 三年付き合った彼から、エチオピアに行き現地の女性と暮らすことになったと手紙が来た。彼はフリーのジャーナリストだから、現地のことを深く知ろうとして一時深入りしているだけなのだろうと、ほとぼりが冷めるのを待っていた。

 それから二年が経った。彼から家族写真が送られてきた。手紙には「ジャーナリストは廃業し、エチオピアに学校を作ることにしました。この国に骨を埋めます」。

 わたしはエチオピアには行ったことがない。アフリカの、中央東。砂漠があり、紅海の近く、ソロモン王とサバの女王の物語……。あの魅力的過ぎる彼が骨を埋めることを決めた土地に嫉妬した。

 わたしはネットショッピングのサイトで「エチオピア」と入力した。とにかく何らかのエチオピアを手に入れたかった。

「エチオピアクロス」以外はほとんどが「エチオピア産コーヒー」だった。

 一万五千円のエチオピアクロスのペンダントを二十個と、エチオピア産コーヒーの粉を買えるだけ買った。

 わたしは独特なエチオピアクロスのペンダントを首から二十個かけ、エチオピア産コーヒーを飲みつづけた。宗教めいた崇高な首の重みと香りと味だった。このままわたしがエチオピアになれば、彼は戻ってくるかもしれない。部屋の隅までエチオピア産コーヒーのアロマが染みていく。

 それから十年が経った。

 彼の親族から、彼がエチオピアで亡くなったことを知らせるハガキが来た。

 わたしの部屋の中は、十年間毎日コーヒーを淹れた粉が、捨てずに乾ききったまま積まれていた。

 ここがエチオピアの砂漠だった。

 彼の骨が、砂漠の間に見え隠れしている。



 陶製のシュガーポットの中は砂丘人魚は王子様を探してる



この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歌人・九螺ささら「きえもの」一挙15篇収録。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.54(2019年2月号)[雑誌]

三谷匠衡,macho,今祥枝,小林勇貴,武内涼,花房観音,武田綾乃,最果タヒ,東川篤哉,朱野帰子,寺地はるな,結城充考,乾緑郎,吉野万理子,青柳碧人,九螺ささら,門井慶喜,ふみふみこ,荻上チキ,円城塔,平原卓,橋爪駿輝,渋谷直角,カレー沢薫,恒川光太郎,柳瀬博一,新納翔,國友公司,新井久幸
新潮社
2019-01-18

この連載について

初回を読む
九螺ささら「きえもの」

九螺ささら /新潮社yom yom編集部

初の著書『神様の住所』がBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した歌人・九螺ささらによる、短歌と散文が響き合う不思議な読み物。電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません