俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

チアガールとの掛け合いでヴァイブス高まる渋谷・道玄坂の夜

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!

 もう4月で新年度が始まったというのに、一向に出世する気配もなく、それどころか失敗ばかりのマエザワです。10年以上前から公私共に渋谷を拠点にしてきた僕。道玄坂の入り口にあるミニストップには灰皿が置かれており(※現在は撤去)、いつも仕事終わりに一服するのがルーティンだった。煙草の煙をくゆらせながら、今日一日を振り返る。ああ、またやっちまったな。いっそ、もう辞めちまおうか。いや、齢30を過ぎた今、そんな簡単にはいかないだろう。ココに来ると、いろんな感情が涌き上がってくるのだが、なぜだか少しほっと安心できる。

 そんなミニストップの前からふと顔を上げると、いつも気になっていた店がある。

ふと見上げれば希望の光が……

 さまざまな飲食店が立ち並ぶ渋谷マークシティの隣。いつものようにミニストップまで来ると、その足で目の前にそびえ立つ雑居ビルの急勾配の階段をのぼる。

 今回のお目当ては「Cheer up Tokyo」の渋谷店だ。この街に長くいるが、実際に訪れるのは初めてだ。扉を開けると、チアガールの衣装を身にまとった美女たちの大きな声が響いた!

「いらっしゃいませ~」

左から、marieさん、クリスティーナさん、ゆきなさん。チアガールのユニフォームを着た美女たちがお疲れリーマンに元気を注入!

 キャストは女子大生を中心に、海外からの留学生まで在籍し、明るい性格の女のコたちがそろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード